J1リーグ第34節 川崎フロンターレvs浦和レッズ ジェジエウの一撃でJ1王者へ

スポンサーリンク

旗手玲央、心を燃やし続けた先の歓喜の涙

J1リーグのタイトルがかかる大事な一戦。

J1リーグ優勝の条件は・・・

  • 川崎フロンターレ勝ち、横浜Fマリノス引き分け以下
  • 川崎フロンターレ引き分け、横浜Fマリノス負け

相手はルヴァンカップ準々決勝で激闘を繰り広げた浦和レッズ。

結果は1-1でまたしても引き分け。

引き分けではありましたが、横浜Fマリノスが敗れたためJ1リーグの優勝が決まりました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

川崎フロンターレに関わるすべてのみなさま、おめでとうございます!!

引き分けのうえ、他会場の結果で優勝が決まったのでなんだか微妙な優勝決定になりました(笑)

でも選手、スタッフみんなが喜ぶ姿をみるとやはりうれしいですね。

特に旗手玲央の涙にはグッとくるものがありました。

東京オリンピックが終わり、同世代の田中碧と三笘薫が海外移籍。

「二人の分もやらなければ」とか「二人が先に行ってしまったあせり」とか「本人的にふがいないプレーで持った悔しい思い」とか「大事なときにケガで離脱」とか、、、

いろいろな思いを持ちながらプレーしていたと思います。

己の弱さやふがいなさにどれだけうちのめされようと、、、心を燃やせ

出典:鬼滅の刃 無限列車編 煉獄杏寿郎

本当に心を燃やしていたと思います。

旗手のプレーからはそれが伝わってきます。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

だからこその歓喜の涙。

本当によくがんばった。

心を燃やせ

試合は序盤から両チームともに一歩もひかない展開で真っ向勝負。

川崎フロンターレとしてはパスをまわしながら相手陣内に押しこむ。

ボールを取られても速いプレスで即時奪回。

という必勝パターンに持ちこもうとしますが、浦和レッズも簡単にはプレスに屈しない。

プレスが来ても安易にクリアせず、つなげるところはつないでくる。

川崎フロンターレのプレスを外してカウンターというシーンもありました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

谷口のイケメンカバーリングのおかげで助かった。。

前半の終盤にかけて川崎フロンターレは右サイドから押しこむ展開。

左のマルシーニョの対面に酒井宏樹がいることもあるので、攻めにくい左よりは攻めやすい右から。

家長、脇坂、山根に旗手も加わって試合をつくり、右に相手を集中させて中央・左で勝負。

流れの中でゴールすることはできませんでしたがセットプレーで先制。

これがフロンターレの魂だというものを見せることができた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ ジェジエウのコメントより抜粋
にゃんのすけ
にゃんのすけ

ジェジエウのゴールにはいつも熱いものを感じる

後半も両者一歩も引かない戦い。

川崎フロンターレペースで試合は進むもののなかなか決定機が作れない。

いい形で先制できて、その後も相手を自由にやらせず自分たちがボールを保持して、奪われても切り替えてすぐ奪い返してハーフコートゲームのような形ができた。そこで追加点取りたかったというのが本音。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 脇坂泰斗のコメントより抜粋

川崎フロンターレの前からのプレスが落ちてくると、少しずつ浦和レッズのペースへ。

1-0で逃げきりたい思いも出てくる時間帯なので、川崎フロンターレの重心は下がり気味。

最終的にはクローザー山村投入で1-0で終わらせたかったところですが、残り時間わずかのところで失点。

ただ失点した後にもう一度ゴールを奪いに行く姿勢をみせるところは川崎フロンターレらしくて好きですね。

勝利への執念、勝ってJ1優勝を成し遂げたい思いを感じさせてくれます。

こういう姿勢ってこの試合は引き分けに終わっても、次につながるんですよね。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第34節 vs.浦和レッズ | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第34節 MVPランキング

1位 ジェジエウ

貴重な先制点は魂のゴール。

身体をはって魂のシュートブロック。

優勝が決まった瞬間のジェジエウのうれしそうな表情が印象的。

2位 家長昭博

右サイドだけでなく、時には橘田のとなりくらいまで落ちてゲームメイク。

川崎フロンターレの攻撃のリズムを作りだす。

シーズンとおして離脱することなく試合に出続け、優勝への貢献度はMⅤP級。

インタビューの「疲れた。。」はシーズンとおしての本音かもしれないですね。

3位 旗手玲央

豊富な運動量でチームを助ける。

当たり負けしないフィジカルの強さも常に進化。

なによりも戦う姿勢、ハートの部分が伝わってくる。

まとめ

試合の結果こそ引き分けでしたが、J1リーグの優勝が決まりました。

1年とおして1回しか負けずに優勝。

負けが続いてもおかしくない、苦しい時期を乗り越えてたどりついたところに価値がありますね。

試合内容としてはお互いにひかないサッカーの魅力がつまった試合でした。

浦和レッズとの試合は毎回激闘になりますね。

天皇杯の決勝の相手が浦和レッズになる可能性もあります。

次の対戦が決着のときですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント