2022 FUJIFILM SUPER CUP 川崎フロンターレvs浦和レッズ

スポンサーリンク
2022年シーズン開幕

2022年シーズンがついに開幕。

昨シーズンのJリーグ王者と天皇杯王者の対決。

結果は0-2で敗北。

「試合にのぞむテンションの差がそのまま出た」そんな印象でした。

▼試合詳細は公式HPへ▼

チャナティップと瀬古樹、川崎フロンターレデビュー戦は

FUJIFILM SUPER CUPで注目していたこと、感じたことは次の3点です。

  • チャナティップと瀬古のフィット感
  • FUJIFILM SUPER CUPにのぞむテンションの違い
  • 浦和レッズの右サイド攻略は難易度激ムズ

一つずつ見ていきましょう。

チャナティップと瀬古のフィット感

やはり気になるのは新加入選手がどうなのか?

まずはチャナティップから。

チャナティップの適正はやはりインサイドハーフ?

スタートは左のウイングで、後半マルシーニョが入ってからインサイドハーフにポジションチェンジ。

前半はパスを受けるのも窮屈そうで、ドリブルやワンツーで仕掛けるシーンはありませんでした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

対峙する相手が酒井宏樹っていうところもありますね~。

酒井宏樹を抜くのは至難の業。

1点取って浦和レッズが守備を固めてきたところもありますね。

ペナルティーエリア付近には侵入するスペースがなかった。。

とはいえスペースがない状況を打開できるのがチャナティップだと思っているので、もう少し連携が深まってくれば・・・と期待しています。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ダミアンに当てて、リターンをチャナティップ。

っていうシーンを期待したい。

後半からインサイドハーフに入り、ボールを受ける回数がかなり増えました。

ボールを受ける回数が増えたことで、チャナティップらしさが出せるようになってましたね。

シーズン序盤はやりやすいポジションで自信を深めてもらう。

慣れてきたらポジションを動かしていく。

というやり方がチームにフィットする最短ルートかもしれない。

まだチームに入って間もないので、公式戦に慣れていない部分があった。前半は自分らしくないサッカーが続いていて、固さが出てしまった。後半に入って、より自分らしいサッカーができたと思う。時間が経つにつれて、自分らしいサッカーができるようになって、チームメートともやりやすくなった。自分のストロングはボールをもらってターンして、周りに配球していく。それが自分の特徴。今日に関しては、自分が周りが見えていなかったのも一つの原因だと思う。チームメートを見すぎて、相手を見ることができなくなった。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ チャナティップのコメントより抜粋

プレーからハートの強さを感じる瀬古樹

浦和レッズの堅いディフェンスを打開することが最初のミッションになった瀬古。

初戦にしてなかなか難易度高いです。

川崎フロンターレのサッカーのベースとなるボールを受けるはできてました。

そこから先となるとやはりもう少し時間が必要ですね。

試合に出ながら合わせていくことが大事です。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

うまくいかないながらも「なんとかしたい!」という強い意志を感じました。

ハートの強さってプレーに表れますね。

ベンチから見ていて、浦和の組織力や個人個人の能力、気迫や球際の強さを感じた。その中で自分が出たときは、早い時間で失点をしてしまったので、得点を取るためにプレーするようにと考えていた。うまくみんなと共有できる部分もあったが、まだまだな部分もあるので、そこは改善していきたいと思っている。自分としても、これからもっとやっていきたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 瀬古樹のコメントより抜粋

FUJIFILM SUPER CUPにのぞむテンションの違い

試合開始から浦和レッズは気持ちの入った戦いをしてきました。

川崎フロンターレとは明らかに違うテンションでしたね。

浦和レッズの勢いに押されるまま、前半早々に失点。

失点後川崎フロンターレも反撃に出ますが、浦和レッズの守備の強度、集中力は衰えない。

球際も激しく来るので、自然と浦和レッズにボールがこぼれてました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

なぜか強い気持ちで戦うチームにボールがこぼれてくる。

この試合はほとんど浦和レッズにこぼれてましたね~。

まずは相手が強い気持ちを持って挑んできたところに対して、球際などで受けてしまった。そういうところでこぼして、球際で持って行かれたシーンが本当に数多くありました。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

特にディフェンスはもう少し厳しくいかないとマズイです。

失点シーンは昨シーズンでは考えられないような軽さのディフェンスでした。

今日の相手は気迫を感じた。それを上回る気迫や個人個人のところで、もっと向上させてリーグ戦に臨みたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 大島僚太のコメントより抜粋
そろそろ目覚めの時

浦和レッズの右サイド攻略は難易度激ムズ

前半はチャナティップ、後半はマルシーニョが挑みましたがまったく突破できませんでした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

大魔神のごとくにらみをきかせる酒井宏樹。

このサイドを攻略できるチームってあるのだろうか?

1対1を仕掛けるどころか、前を向くことも難しいくらいディフェンスがタイト。

これを攻略するのは本当に難しいです。

でも、ここを攻略しなければ試合に勝てないわけではありません。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

わざわざ相手の土俵で戦う必要はないですね。

相手のストロングポイントを外す選択もアリです。

次回浦和レッズと対戦するときは、もう少し右から攻撃する回数を増やしてもよさそうですね。

左で作って、右で仕掛けるそんな展開が見たいですね。

まとめ

FUJIFILM SUPER CUPは0-2で浦和レッズに敗れました。

この試合で注目していたこと、感じたことは次の3点です。

  • チャナティップと瀬古のフィット感
  • FUJIFILM SUPER CUPにのぞむテンションの違い
  • 浦和レッズの右サイド攻略は難易度激ムズ

新加入選手が本領発揮するにはもう少し時間がかかりそうです。

とはいえ、来週にはJ1リーグ開幕。

最初からFC東京、横浜Fマリノス、鹿島アントラーズと難しい試合が続きます。

強い気持ちで戦いに挑まなければ、いきなり3連敗もありえます。

この敗戦を良い薬にして、強い気持ちで多摩川クラシコに挑んでほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント