2022年シーズンの川崎フロンターレ展望【その1】

スポンサーリンク
2022シーズンまもなく開幕

2月12日、FUJIFILM SUPER CUP 2022で2022年シーズンも開幕。

対戦相手は浦和レッズ。

昨年のルヴァンカップリーグ優勝を決めた試合ともに結果は引き分け。

実力が拮抗した相手なので、スタートから熱い試合になりそうです。

というわけでシーズンが始まる前に注目のポイント、新加入選手などまとめていきたいと思います。

2022年川崎フロンターレ注目ポイント3つ

注目したいポイントはたくさんありますが、個人的な注目は次の3つです。

  • 注目の選手
  • 組織としての変化
  • 新加入選手

一つずつ見ていきましょう。

2022年シーズン川崎フロンターレの注目選手

完全復活の大島僚太が川崎フロンターレを支配する

一番の注目はやはり大島くんの復活です。

昨シーズンのほとんどの試合ケガで出場できず、シーズン終盤に戻ってくるも「大島僚太らしさ」を発揮できず。

ケンゴが引退し、強い思いを持ってのぞんだ昨シーズンだっただけに、内に秘めるくやしさは相当なものがあるのではないでしょうか。

昨シーズンのくやしさは2022シーズンにぶつけてくれるはず。

川崎フロンターレを支配し、試合を支配する大島くんのプレーは間違いなく注目です。

とにかくケガなくシーズンとおして活躍してほしいですね。

背番号14を継承した脇坂泰斗

新体制発表会最大のサプライズがこれです。

林さん
林さん

14番・・・

脇坂 泰斗 !!

にゃんのすけ
にゃんのすけ

脇阪きたぁぁぁぁ

見ていた人みんなこうなりましたよね。

川崎フロンターレにとっては特別すぎる背番号14。

川崎フロンターレの歴史を作ってきたケンゴから引き継いだ背番号14。

相当な覚悟がないと引き継げない番号なだけに、これからの脇阪がどんな成長をみせるのか注目です。

今までの14番に負けない、新しい14番像を脇阪には築いていってほしい。

脇阪の空いた8番を引き継いだ橘田も楽しみです。

今年の干支 虎のように強く

シーズン初めから合流のマルシーニョに期待

昨シーズン、移籍した三笘の穴を埋めるべくシーズン途中で獲得したマルシーニョ。

それなりに活躍はできたものの、途中から加入することの難しさを感じました。

特にJリーグでプレーした経験がなく、全員が連動する川崎フロンターレのようなサッカーに慣れるのに苦労していたイメージがあります。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

相手の速いプレスに苦労していたイメージ。

このへんは味方との連携がよければ回避できそうですね~。

2022シーズンは昨シーズンの上積みに加え、キャンプからスタートできることが大きいです。

チームでの連携が深まるほど、個の力がいかせる場面も増えるはず。

昨シーズンとは一味違うマルシーニョが見たいですね。

藁科社長退任、組織が変化するとき

昨年の末には発表されていましたが、藁科社長の退任も大きなトピックですね。

藁科さんが社長に就任して以来、毎年タイトルの獲得。

実際にサッカーに関与しているわけではないので、表に出ることはほとんどありません。

でも新体制発表会でのスピーチや安藤との対談を聴いていると、藁科さんが社長だったからタイトルに手が届いたんだなと強く感じました。

【公式】2022川崎フロンターレ新体制発表会見
特に安藤と藁科さんの対談は必見

タイトルが取れる組織に会社全体を変えていく。

そんな覚悟を持って、川崎フロンターレの社長をやっていたことを最後に知るなんて。。。

藁科さんには感謝しかないです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

藁科さん、たくさんのタイトルをありがとうございます!

これからも川崎フロンターレを見守ってくださいね。

さて2022シーズンからは吉田新社長でのスタート。

どんな組織になっていくのか楽しみにしたいです。

そういえばヒロキ(伊藤宏樹)が強化部長になってました。←前からなっていたのかなぁ。。

GMヒロキ、監督ケンゴの夢の共演に向けて一歩一歩進んでいるようです。

まとめ

2022年シーズンの川崎フロンターレを展望してみました。

注目ポイントは3つ。

  • 注目の選手
  • 組織としての変化
  • 新加入選手

「注目の選手」と「組織としての変化」でかなり長くなってしまいました。。

新加入選手については追って更新しますので、少々お待ち下さい。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

長くなりすぎてしまってごめんなさい。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今年も綾町のキャンプがなかったですね。残念。。

▼毎年お世話になっている綾町にふるさと納税したい方は▼

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント