2022年シーズンの川崎フロンターレ展望【その2】

スポンサーリンク
2022シーズンまもなく開幕

2022年シーズンの川崎フロンターレを展望。

ということで、注目したいポイントはたくさんありますが、個人的な注目は次の3つにしぼりました。

  • 注目の選手
  • 組織としての変化
  • 新加入選手

▼「注目の選手」「組織としての変化」は前回の記事を見てくださいね▼

今回は新加入選手にフォーカスしていきます。

2022年シーズン川崎フロンターレ新加入選手

2022年シーズンに川崎フロンターレに新しく加入した選手は7名。

プレーを見たことのない選手が多いため、妄想が含まれることご容赦ください。

では一人ずつ見ていきましょう。

チャナティップ・ソングラシン

前所属:北海道コンサドーレ札幌

今シーズンの新加入選手の中で一番の注目は間違いなくチャナティップ。

人気、実力を兼ね備えたタイの英雄です。

実際に北海道コンサドーレ札幌時代のプレーを見てきて思うのは、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

川崎フロンターレのサッカーにも絶対フィットする!

特徴はなんと言っても、スペースがない密集地帯でもボールを受けられる技術

川崎フロンターレは相手陣内に押し込んでプレーすることが多く、ペナルティーエリア付近は相手ディフェンダーで密集することがとにかく多い。

この密集地帯を切り裂くチャナティップを想像するとニヤニヤしてしまいますね(笑)

ポジションはインサイドハーフがメイン。

ドリブルも上手いので左右のウイングもいけそうです。

特に代役のいない家長のバックアップとしての活躍も期待したいですね。

プレー以外にもチャナティップへの期待は大きいです。

特にタイを始めとした東南アジア市場で、川崎フロンターレを認知してもらう絶好の機会です。

東南アジア市場は今後さらに経済規模が拡大していくので、

川崎フロンターレの知名度を上げておくことは将来的に間違いなくプラスになります。

いつの日か「タイの企業が川崎フロンターレのスポンサーに・・・」

そんな日が来るかもしれません。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

このなじみっぷり、新加入とは思えない。。

みんなから愛される選手になりそうですね~

瀬古 樹

前所属:横浜FC

昨シーズンは横浜FCでキャプテンとしてチームをまとめた瀬古。

24歳にしてキャプテンってなかなかできるものじゃないです。

特に横浜FCといえば、カズや中村俊輔、松井大輔なんて大物がいたクラブ。

そんなチームでキャプテンを任されるのは間違いなく人格者ですね。

プレーについては、、、あまり印象に残っていない。。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

瀬古選手、本当にごめんなさい。

もっとよく見ておけばよかった。。

これからはしっかり見ます。

ポジションはミッドフィルダーなので、インサイドハーフ、アンカーが主戦場ですかね。

キャプテンを任せられるような選手がアンカーにいるとチームが締まるので、アンカーに入るのだろうか?

ゲームメイクができるサイドバックとして、右サイドバックに入るのもおもしろそうです。

佐々木 旭

流通経済大学より加入した「関東大学リーグMVP」。

以前から川崎フロンターレの大ファンだったらしいです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

川崎フロンターレファンの子が選手になるって、

積み重ねてきた歴史を感じるなぁ

流経大といえば思い出すのは日本代表でも定位置を確保しつつある守田。

エドゥアルド・ネットからポジションを奪った守田のように活躍してほしいですね。

特徴は対人プレーとスペースへの飛び出しとのこと。

左サイドバックをメインにセンターバックもこなすとなると車屋に近いイメージですかね。

ノボリのバックアップになると思われるので、序盤から出場の機会はありそうです。

ジェジエウが戻るまではセンターバックの層も薄いので、センターバックとしても貴重な戦力になりそうです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

シーズン序盤から試合に出て波に乗れれば、

一気にブレイクする可能性を秘めてますね~

早坂 勇希

川崎フロンターレUー18から桐蔭横浜大学を経由して加入。

川崎フロンターレ愛があふれる早坂くん。

もはやファンの域を超えてきています(笑)

ポジションはゴールキーパーなのでなかなか出場機会に恵まれないのが残念。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

絶対的守護神ソンリョンの壁はウォール・マリアより高い。

とはいえ、いつどんなチャンスが来るかわからない。

昨シーズンのセンターバックみたいなこともなくはないので、日々がんばってほしいです。

短期的な視点ではなく、長期的な視点で見守りたいですね。

松井 蓮之

法政大学より加入。

お姉さんが女優の松井愛莉さんということで、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

まちがいなく次世代のイケメン枠確定ですね

ポジションはミッドフィルダー。

特徴は運動量で、体力測定ではチームNo.1。

移籍してしまった田中碧、旗手怜央の穴を埋める選手として期待したいです。

橘田、シミッチとポジションをローテーションしていくことが考えられるので、序盤から試合に絡むことは多くなりそうです。

もしかしたら山根のバックアップとして、右サイドバックの起用もありえますね。

五十嵐 太陽

川崎フロンターレU-18から昇格。

毎年アンダーカテゴリーから昇格する選手がいるので、育成年代の成果が出てきているのはうれしくなります。

Uー18の試合ダイジェストなどを見ていて思ったこと。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

たたずまいがベルカンプっぽい

五十嵐くんの世代が知っているかは謎ですが、オランダ代表やアーセナルで活躍したベルカンプっぽいんですよね。

五十嵐くんには川崎フロンターレのベルカンプ目指してほしいです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

でもベルカンプみたいに「飛行機乗りたくない」とか言わないでね

永長 鷹虎

興国高校から加入。

左利きのドリブラーで高卒ルーキー、しかも関西出身というとノボリの若かりし頃を思い出します。

プレーの特徴はドリブルとトリッキーなプレー。

三笘もそうでしたが、ドリブルで仕掛けられる選手はやはりワクワクしますね。

出場機会に恵まれたら、取られることを恐れずガンガン仕掛けてほしいです。

今年の干支 トラ(ネコ)のように愛される

公式YouTube見ていると、永長くんは先輩にかわいがられそうなタイプですよね。

純朴で素直な好青年、そんな印象です。

偉大な先輩たちにかわいがられて、大きく成長していってほしいです。

まとめ

2022年シーズンの川崎フロンターレを2回に分けて展望してみました。

注目のポイントは次の3つです。

  • 注目の選手
  • 組織としての変化
  • 新加入選手

▼「注目の選手」「組織としての変化」は前回の記事を見てくださいね▼

今回は新加入選手にフォーカス。

どの選手もそれぞれ特徴があって、トータルで見ると的確な補強だと感じました。

あとは試合をしながらどのように選手を組み合わせていくのか、ここを考えるのがサッカーのおもしろいところです。

次回は選手の組み合わせ、戦い方を展望(妄想)します。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント