2022アジアチャンピオンズリーグ第2節 川崎フロンターレvs広州FC

スポンサーリンク
ジョホールバル

蔚山現代とのグループリーグ初戦は最後の最後で追いついて引き分け。

第2節の相手は中国の広州FC。

結果は8−0で勝利

ソンリョン以外はスタメン総入れ替えで臨んだ試合。

実力差があったとはいえ、日頃なかなか出場できない選手が経験を積む良い機会でしたね。

そしてケガなく無事に終えられてよかった。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

広州FCが荒いサッカーをするとの前評判だったので、

削られるんじゃないかと心配してました。

▼試合詳細は公式HPへ▼

五十嵐太陽はスタメン争いに加わるポテンシャルがある

広州FC戦で注目したこと、気になったことをまとめます。

  • ソンリョン以外はスタメン総入れ替え
  • アンカー小塚和季の可能性
  • 五十嵐太陽はシーズン後半スタメン争いに加わりそう

一つずつ見ていきましょう。

ソンリョン以外はスタメン総入れ替え

前節の蔚山現代戦から間隔が短い、しかも相手との実力差もあるということで、ソンリョン以外はスタメン総入れ替えでしたね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

スタメン見たときはテンション上がりましたね。

思わず「DF車屋しかいないじゃん」ってツッコミました。

蔚山現代戦で長時間出場した選手をここで休ませることができたのは大きいです。

ベンチ組のメンバーをベースにして、両サイドバックに新加入の瀬古と松井を配置。

いつもベンチに入っているメンバーは安定のパフォーマンスでしたね。

ベンチメンバーに選ばれる理由がよくわかるような活躍でした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

いつも途中出場でチームの空気を変えられるベンチメンバー。

この試合もスタートからテンションが高かったですね。

チャナティップもようやく川崎フロンターレに移籍して初ゴール。

ドリブルで中央突破しての派手なゴールでした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

でももう少し球離れを速くしたほうが良いと思いました。

ラフプレーが多い相手だったので、持ちすぎは削られる可能性を高めるだけ。

チャナティップがボールを持つと、ヒヤヒヤしながら見てました。

さて、気になるのは新加入の瀬古と松井。

瀬古は右サイドバック、松井は左サイドバックに入りました。

本職ではないとはいえ、川崎フロンターレのサイドバックは出世ポジション。

瀬古と松井への期待も自然と高まりますよね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

旗手怜央も橘田健人もサイドバックを経験し、その後定位置を獲得しました。

瀬古と松井もサイドバックから羽ばたいてほしいです。

松井は体つきがガッチリしていて当たりに強そうな印象。

がっつり身体を入れて相手のボールを奪い取るシーンを期待してました。

が、相手が攻撃してこないのであまり見せ場が作れなったですね。

守備の部分で自分の特徴を出していこうと思ったが、相手との間合いがつかみきれないところがあって、前半でイエローカードをもらってしまった。そこは自分にまだ足りない部分。反省しなければいけない。ただ、攻撃面やイエローカードをもらってからの守備に関しては、徐々に慣れてうまくチームに入っていけたのかなという印象はある。 左サイドバックはあまりやっていないポジションだったが、センターバックのシンタロウくん(車屋紳太郎)やコウキくん(塚川孝輝)、アンカーのカズキさん(小塚和季)や前のチャナ(チャナティップ)やテン(宮城天)がカバーしてくれたから、自分はそこまで難しいことはせずシンプルにパスやランニングができた。自分の持ち味に加えてゴールに直結するプレーを出していけたら、もっといいプレーができるんじゃないかなと。徐々に試合になじんでいけたことはプラスではあるので、今日の経験をこの先に生かしていきたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 松井蓮之のコメント

守備面でアピールすることができない分、攻撃面でアピールしたいところです。

ただ瀬古も松井も積極的に攻撃に絡んでいくシーンは少なかったですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

無難なプレーが多かったように思います。

加入してすぐにフロンターレの攻撃のリズムに入っていくのはむずかしいのかも。

ベンチに入るメンバーと入らないメンバーの差はここにありますね。

川崎フロンターレの攻撃のリズムに入って行けるようにならないとベンチ入りもむずかしい。

まだ加入して3ヶ月なのであせらず慣れていくしかないですね。

マレーシアの市場

アンカー小塚和季の可能性

昨年からずっと思っていたんですよね、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

小塚をアンカーで使ってみてほしい!

で、代わりに塚川をインサイドハーフに。

ようやくアンカー小塚を見ることができました。

小塚をアンカーに推薦したい理由は、、

  • インサイドハーフよりもプレスが厳しくない状況でプレーできる
  • アンカーの位置から精度の高いロングレンジのパスが出せる

この2点です。

でも、小塚をアンカーで使う際の不安な面もあります。

  • 守勢にまわったときに厳しくディフェンス対応できるのか?

広州FC戦では小塚をアンカーにすることでかなり特徴が出ていましたね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

小塚のロングパスから宮城天というシーンが目立ちました。

攻撃のリズムを作るところも良かったですね。

とはいえ相手との実力差があったのも事実。

ほとんど攻撃されることがなかったので、守備がどこまでできるかも未知数です。

もう少し強度の高い相手と対戦したときにどこまでできるのか?

ぜひ見てみたいですね。

五十嵐太陽はシーズン後半スタメン争いに加わりそう

広州FC戦で個人的に一番インパクトがあったのが五十嵐太陽くん。

プレーを見て思ったことは、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ボールを止める技術が想像以上に高い!!

密集地帯でも平気でボールを受けられる。

芝の状態が良いとはいえない中でもしっかりボールが止まってました。

相手の強度が低かったこともありますが、ボールが止まるので簡単に奪われるシーンはほとんどなし。

右ウイングのポジションだったので、もう少し中で受けられるようになれば得点のチャンスは増えそうですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

強度が高い相手になったときにどれくらいできるか見たいですね。

それでもボールが受けられるようなら、スタメン争いに加わりそう。

自分は後半からピッチに入ったが、そこまで緊張することなく普段どおり試合に入ることができた。ただ、気候的なこともあって体力的にきつかった。芝も日本とは全然違うのでやりづらい部分があったが、実際試合に入ったらそんなことは関係なく、必死にやるだけだった。個人的には得点のチャンスがあったので決めたかった。得点やアシストといった結果にもっとこだわっていきたい。チームとしては絶対勝たなければいけなかったので、この結果を第3戦、第4戦とつなげていきたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 五十嵐太陽のコメント

ACLではまた出番があるはずなので、五十嵐太陽のプレーは要注目です。

マレーシアの屋台料理

まとめ

2022年アジアチャンピオンズリーグのグループリーグ第2節。

広州FC戦の結果は8−0で勝利。

ソンリョン以外はスタメン総入れ替えで臨んだ試合でしたが、それでも圧勝でした。

日頃なかなか出場できない選手にとっては経験を積む良い機会でしたね。

広州FC戦で注目したこと、気になったことは次のとおりです。

  • ソンリョン以外はスタメン総入れ替え
  • アンカー小塚和季の可能性
  • 五十嵐太陽はシーズン後半スタメン争いに加わりそう

第2節で蔚山現代がジョホール・ダルル・タクジムに敗戦。

このグループでどのチームが勝ち上がるかわからなくなりました。

川崎フロンターレとしては第3節、第4節のジョホール・ダルル・タクジムとの連戦がグループリーグ突破の鍵になりそうです。

ここで連勝できるとほぼ突破が確実になるので、勝ちきってほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント