2022アジアチャンピオンズリーグ第6節 川崎フロンターレvs広州FC

スポンサーリンク

前節蔚山現代戦を落とし、自力でのグループリーグ突破がなくなった川崎フロンターレ。

しかし勝てばグループリーグ突破の可能性が残る最終節広州FC戦。

結果は1−0で勝利

勝利はしたものの他チームの結果によりグループリーグ敗退が決まりました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

昨年に続き今年もダメだった。。

ACLを勝ち上がるのは本当にむずかしいですね。

▼試合詳細は公式HPへ▼

川崎フロンターレのACLはグループリーグで終わる

第6節広州FC戦で注目したこと、気になったことをまとめます。

  • 永長鷹虎、五十嵐太陽が見たかった
  • ACL敗退したが得たものもある
  • ジョホール、川崎フロンターレ、蔚山現代の三つ巴戦を振り返る

一つずつ見ていきましょう。

永長鷹虎、五十嵐太陽が見たかった

広州FC戦、永長くんと五十嵐くん二人そろってベンチ入りしたのですが出番なし。

前回の広州FC戦で五十嵐くんは試合に出場しました。

が、永長くんは今回のACLで試合に出る機会はありませんでした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

試合の展開的に出づらい状況でしたよね。

3−0くらいでリードしていれば出番はあったかも。

絶対に勝たないといけない状況で1点差ではしかたがない。

とはいえ、永長くんがどんなプレーをするかは見てみたかったです。

どんなことができる選手なのか見極めるのに、広州FCはちょうどよい相手でした。

広州FC相手に普通にプレーできるようであれば、Jリーグでのプレーにも期待できます。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

前回の広州FC戦での五十嵐くんのプレーにはかなり期待が持てました。

ただ「戦う」部分についてはダミアン、悠さま、知念には及ばない。

テクニックは通用するレベルなので、タフさを身につけてスタメン狙ってほしいですね。

今回のACLでベンチ入りするも出番がなかった永長くんについては、まだ出場するレベルではないという監督・コーチの判断なのでしょう。

あせらずじっくり実力をつけて、シーズン後半での出場を狙ってほしいです。

ACLは敗退したが得たものもある

にゃんのすけ
にゃんのすけ

今年こそACLを制覇するぞ!!

と意気込んで臨んだACLだったので喪失感も大きいですよね。

ただACLのタイトルを失った代償として得たものもあります。

①試合に出る経験

②過密日程の緩和

ACLで得た経験で一番大きいのは、なかなか出場機会がない選手が出場できたこと。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

練習だけでは得られないものが試合にはある。

試合を経験すると成長のスピードが違うんですよね。

すごくわかりやすかったのが、2節と6節の広州FC戦に出場した瀬古と松井。

2節では消極的なプレーというか無難なプレーが多く、ほとんど見どころがなかったんですよね。

でも6節ではあきらかにパフォーマンスが上がっていた。

積極的にオーバーラップも仕掛けていくし、縦パスも狙っていく。

これって試合を経験したからこそ出せるプレーです。

(1)試合に出場する

(2)試合でできたこと・できなかったことを整理する

(3)整理したことを練習に落とし込む

(4)次の試合でチャレンジする

この好循環ができるようになってくると成長速度が上がっていきます。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

昨年の橘田、今年の佐々木が良い例ですよね。

1人でもこのルーティンにはまる若手が増えてほしい。

もう一つ得たものとしては過密日程が少しゆるくなることです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

声を大きくして言えることじゃないんですが、ACLって正直かなりしんどいですよね。

ACLがなくなってホッとしているところもあります。

今年はW杯の開催があるので、昨年同様日程がつまってます。

引き続きコロナ感染で日程がずれる可能性もある。

日程がつまってくると選手の疲労、ケガで満足なプレーができなくなる。

そう考えると国内のリーグ戦、カップ戦に集中できることはプラス材料になります。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ACLはダメだったけど、国内3冠はまだまだいける!

ジョホール、川崎フロンターレ、蔚山現代の三つ巴戦を振り返る

川崎フロンターレの属するグループIの最終順位は、、、

1位 ジョホール・ダルル・タクジム 勝点13

2位 川崎フロンターレ 勝点11

3位 蔚山現代 勝点10

4位 広州FC 勝点0

上位3チームのどこが勝ち進んでもおかしくなかったです。

3チームの対戦成績の内訳は、、、

ジョホールが蔚山現代に2勝、川崎フロンターレに1分け1敗

川崎フロンターレが蔚山現代に2敗、ジョホールに1勝1分け

蔚山現代がジョホールに2敗、川崎フロンターレに1勝1分け

ジョホールが蔚山に強く、川崎フロンターレはジョホールに強く、蔚山は川崎フロンターレに強い。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ポケモンの炎タイプと水タイプと草タイプの関係みたい

この結果を見て、今回川崎フロンターレが勝ち抜けなかった理由はスタジアムにありそうです。

芝の状態が良いジョホールとの対戦では勝ち越し。

芝の状態が悪い蔚山現代との対戦では負け越し。

あらためて川崎フロンターレのサッカーは芝の状態に左右されてしまうことがはっきりしました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ACLを勝ち上がるためにはACL仕様のサッカーをしないといけないのだろうか?

でもそれをするとチームのリズムが崩れそうで少しリスキーですね。

ここがアジアの大会のむずかしさですね。

次ACLの出場するときにどうするのか?宿題になりそうです。

まとめ

勝てばグループリーグ突破の可能性が残る最終節広州FC戦。

結果は1−0で勝利

しかし他チームの結果によりACLの敗退が決まりました。

第6節広州FC戦で注目したこと、気になったことは次のとおりです。

  • 永長鷹虎、五十嵐太陽が見たかった
  • ACL敗退したが得たものもある
  • ジョホール、川崎フロンターレ、蔚山現代の三つ巴戦を振り返る

ACLの敗退は決まってしまいましたが得たものはありました。

ACL敗退の悔しさ、ACLで得た経験をJ1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯でいかしてほしいですね。

そして来年またACLに出場できるのであれば、ACLの戦い方について深堀りして臨みたい。

でもまずは遠征、過密日程で疲労した身体を休ませることが大事です。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント