2022J1リーグ第1節 川崎フロンターレvsFC東京

スポンサーリンク
2022年J1リーグ開幕戦の相手はFC東京

2022年J1リーグは多摩川クラシコでスタート。

結果は1-0で川崎フロンターレの勝利。

ダミアンの起死回生の一撃でなんとか勝てましたね。

FUJIFILM SUPER CUPの敗戦、昨年積み重ねた経験をいかして勝利に結びつけた印象です。

同時に3連覇の道のりは険しい、、、と率直に思いました。

▼試合詳細は公式HPへ▼

アンカー大島僚太をサポートするチャナティップ

J1リーグ開幕戦の多摩川クラシコで注目したこと、気になったことをまとめます。

  • FUJIFILM SUPER CUPの敗戦から学んだ教訓をいかせるか?
  • アンカー大島僚太とインサイドハーフチャナティップの関係
  • 勝利に結びつけたディフェンスの奮闘

一つずつ見ていきましょう。

FUJIFILM SUPER CUPの敗戦から学んだ教訓をいかせるか?

先週行われたFUJIFILM SUPER CUPは浦和レッズに敗北。

試合に臨む気持ちの面で完全に上回られてしまったのは残念でした。

前回の苦い経験をいかしてのFC東京戦。

試合内容を見ると改善点はあるが、開幕戦から拮抗したゲームを勝ち切れたのはすごく良かった。勝ちへの執念を見せることもできたと思うし、そこは富士フイルムスーパーカップよりも、しっかり改善できたところ。苦しみながらもしっかり勝つことができたのは評価していいのかなと。スーパーカップでは球際、切り替え、ボールスピード。そのへんはまだまだ自分たちには足りないなと感じた部分だったので、今日はしっかりと戦えていた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 谷口彰悟のコメントより抜粋

序盤からかなりFC東京に圧力をかけてました。

FC東京が縦に入れてくるボールに対して、厳しいプレス。

チームの全員が連動するプレスができてました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

浦和レッズ戦とは全然違うテンション。

試合の入り方、戦う姿勢ってやはり大事ですね~。

ボールを受けても前を向かせないプレスがかかっているので、FC東京も後ろに下げざるをえない。

ディフェンスライン、ゴールキーパーに戻すシーンが多かった。

FC東京のミスを誘う場面も多かったので、この時間に先制できればというところでしたね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

試合の流れを引き寄せるのはやっぱりゴール。

良い時間に先制できれば違った展開になったかも。

川崎フロンターレの連動したプレスの中で、特に目を引いたのは大島くん。

あまりフィジカルコンタクトをしないタイプの選手なのに、ガシガシ行ってました。

ここまで熱くプレーする大島くんは見たことがないですね。

大島くんのこの試合にかける気持ちが伝わります。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

大島くんのコンディションも良さそうでしたね。

でも、どうしてもケガしないか心配してしまう。。。

良い関係をたくさん作ればチームも自然と強くなる

アンカー大島僚太とインサイドハーフチャナティップの関係

FUJIFILM SUPER CUPで良いパフォーマンスを見せていた中盤の組み合わせがそのままスタメン。

アンカーに大島くん、インサイドハーフにチャナティップ。

アンカーに大島くんが入るとボールが落ち着きます。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ボールの受け方、トラップで相手のプレスを外す技術。

これが大島僚太の真骨頂。

加えて相手にプレスをかけるときのコントロールもしているように見えました。

大島くんをサポートするように、ディフェンスラインからのボールを受けていたのがチャナティップ。

ディフェンスラインから大島くんにパスを出せないときに、大島くんの脇まで下がってパスを受けるチャナティップ。

チャナティップが受けてくれることで、ディフェンスラインはかなり助けられてました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

チャナティップのおかげで相手のプレスを外せる。

ロングボールで逃げることがないのも大きいですね~。

ディフェンスでもチャナティップは存在感出してました。

相手へのプレス、広範囲のカバーリングとかなり動いてました。

結果55分くらいには疲れが見えてましたね。

コンディションが上がってくればもう少しプレー時間増やせるのだろうか?

にゃんのすけ
にゃんのすけ

これを90分やってた田中碧、旗手怜央の存在は大きかった。

そして90分ハードワークできる橘田の不在はやはり痛い。

勝利に結びつけたディフェンスの奮闘

プレスの強度が落ちてくるとFC東京に攻めこまれる時間が増えました。

後半はとにかく耐える時間が長かった。。

ここは昨年の経験がいきましたね。ある程度割り切って我慢するときは我慢する。

ディフェンス陣はかなり身体張って守ってました。

体を張って守ったことは今までにないものがあったので、そこは評価したい

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

ソンリョンもスーパーセーブ連発でチームを救ってくれました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ソンリョンじゃなかったら3点くらいやられてもおかしくなかった。

守護神ソンリョン降臨!!

最後の最後にソンリョンがいてくれる安心感は大きい。

まとめ

2022年J1リーグ開幕戦の多摩川クラシコ。

ダミアンの起死回生の一撃でなんとか1-0で川崎フロンターレが勝ちました。

J1リーグ開幕戦の多摩川クラシコで注目したこと、気になったことは次の3点。

  • FUJIFILM SUPER CUPの敗戦から学んだ教訓をいかせるか?
  • アンカー大島僚太とインサイドハーフチャナティップの関係
  • 勝利に結びつけたディフェンスの奮闘

結果は勝利でしたが、内容はなかなか厳しい船出となりました。

チームの流れが上向くような、起爆剤となるような選手の台頭を望みたいですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

この試合では遠野が流れを変えました。

遠野の爆発力はおもしろいですね~。

▼2022年シーズンの川崎フロンターレをお得に観るなら▼

2022年2月22日からDAZNの月額視聴料が¥1,925→¥3,000に値上げ!!

DAZN年間視聴パスなら1年間視聴できて¥19,250

まだ購入していない方は年パスがオススメです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント