2022J1リーグ第2節 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ

スポンサーリンク

前節横浜Fマリノス戦で敗北し、中2日で迎えるアウェイ鹿島アントラーズ戦。

結果は2-0で勝利

ここで連敗してしまうとシーズン序盤にして悪い流れになりかねない。

そんな崖っぷちの状況で勝負強さをみせてくれました。

横浜FM戦が終わって、オニさんがもう一度自分たちが何を徹底してきたかを思い出して、自分たちのやり方に自信を持とうと話していた。自分自身、そこでハッとしたところもあった。速く攻めることができれば一番いいが、フロンターレと対戦したときに相手が何を嫌がるかというと、ボールを握られること。そこでシンプルにゴールを狙うことと、ずっとボールを保持して相手がじれるのを待つことの使い分けが今日はうまくできていた。まだ連戦が続くが、自分たちが今までやってきたものを信じてやっていきたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 山根視来のコメントより抜粋

難敵鹿島アントラーズを相手に、結果だけでなく内容もともなった勝利。

しかもサブ組が活躍しての勝利だけに、ここから波に乗れそうな予感がします。

▼試合詳細は公式HPへ▼

重要な試合であるほどに真価を発揮する家長昭博

絶対に負けられない鹿島アントラーズ戦で注目したこと、気になったことをまとめます。

  • ショッキングな敗戦からの切替え、鹿島アントラーズを圧倒した前半
  • 重要な試合であるほど存在感が増す家長昭博
  • 橘田健人の復帰でクオリティが上がる中盤

一つずつ見ていきましょう。

ショッキングな敗戦からの切替え、鹿島アントラーズを圧倒した前半

内容はそこまで悪くないとはいえ、結果はショッキングな敗戦だった横浜Fマリノス戦。

鹿島アントラーズ戦まで時間がない中で、メンタルを立て直せるかが焦点でした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

メディアは「フロンターレ大丈夫?」みたいに煽ってくる中で、

いかに自分たちにフォーカスするかが大事。

ここは昨年の経験がいきました。

スタメンを入れ替えたのも効果ありでしたね。

プレッシャーのかかる試合でしたが、開始から川崎フロンターレがしかける。

そして早々に知念の良いディフェンスからの先制ゴール。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

知念のゴールがチームに勢いをもたらした。

あの先制ゴールがなかったら、、、ちょっと想像したくない。。

早い時間に追加点が取れたのも大きかったですね。

しかも初先発の佐々木旭の初ゴール。

チームの勢いをさらに加速させてくれました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ゴールしたことで佐々木も自信をもってプレーできたのでは?

足が動かなくなるまではルーキーとは思えない安定感でした。

早くも貴重な戦力。将来が本当に楽しみですね。

前半は前からの守備がおもしろいようにハマって、何度も決定機を作りだしてました。

あとは決めるだけというシーンが多かったので、きっちり決めて3点、4点と取っておきたいところではありますね。

後半は鹿島アントラーズも立て直して反撃。

川崎フロンターレが守備に回る時間も長くなりましたが、決定機はそこまで作られていなかった。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

マリノス戦みたいに集中を欠くことはなかったですね。

みんな身体張ってがんばってた。

気持ちの勝負だと話していた中で、それを全面に出すことで勝利ができた。そこは選手にも自信になってほしいと思います。やるべきことをやれば自分たちは勝っていける。勝負ごとなので勝つこともあれば、負けることもあると思っています。そういう意味では、これからも難しいゲームはあると思います。前節もそうですが、負けが全てダメではない。負けたとしても進歩していれば、最終的には34節が終わった時に良い結果につながると思っています。前節の負けは勉強になったと思っています。引き続き、一喜一憂せずに次のゲームに向かいたいと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

このコメントにこの試合のすべてが凝縮されてます。

重要な試合であるほど存在感が増す家長昭博

ゴールで勢いをもたらした知念と佐々木。

直接ゴールには絡まなかったけど、抜群の存在感を出していたのが家長です。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

勝負どころをおさえてますよね。

ここぞという時に必ず良い仕事してくれる。

前半から良いプレス、ディフェンスで鹿島アントラーズにサッカーをやらせない要因を作ってました。

良いプレーは数多くあったのですが、中でもすばらしかったのは80分過ぎてからのボールキープ。

前半からかなり動いていたのに、2人3人に囲まれてもボールを失わない。

チームが押し込まれてディフェンスに追われる時間に、ボールをキープして時間を作ってくれる。

家長が時間を作ってくれることで、ディフェンスを立て直す時間もできるし、一息入れられるのはディフェンス陣にとって本当に助かります。

80分過ぎで疲労がたまった状態でそれができる家長はさすがです。

橘田健人の復帰でクオリティが上がる中盤

前節横浜Fマリノス戦から復帰した橘田。

橘田がアンカーに入ることで、インサイドハーフの2人のプレーがワンランク上がった印象です。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

チャナティップも脇坂も危険な場所へ入っていくプレーが増えた。

これって橘田の影響が大きい気がします。

橘田の広範囲をカバーできる運動量、ボールを奪われたときのポジショニングやディフェンスの仕方、前からプレスに行ったときの狙いや寄せの速さ、リスクを管理するときの読み。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

要所には必ずいるんですよね橘田が。

橘田みたいな選手と一緒にサッカーしたら絶対楽しいよね。

まとめ

前節横浜Fマリノス戦で敗北し、中2日で迎えるアウェイ鹿島アントラーズ戦。

結果は2-0で勝利。

内容も結果も充実し、波に乗っていけそうな試合でした。

絶対に負けられない鹿島アントラーズ戦で注目したこと、気になったことは次の3点。

  • ショッキングな敗戦からの切替え、鹿島アントラーズを圧倒した前半
  • 重要な試合であるほど存在感が増す家長昭博
  • 橘田健人の復帰でクオリティが上がる中盤

最近の試合では少し受けに回ることが多かった印象ですが、ようやく本来の川崎フロンターレが戻ってきたと感じることができる内容でした。

次節はFUJIFILM SUPER CUPで敗北した浦和レッズとの再戦。

前回対戦時は試合に臨むメンタルで上回られてしまいましたが、あの時の川崎フロンターレとは違います。

難敵との対戦が続きますが、浦和レッズに勝って勢いをさらに加速させたいですね。

▼2022年シーズンの川崎フロンターレをお得に観るなら▼

2022年2月22日からDAZNの月額視聴料が¥1,925→¥3,000に値上げ!!

DAZN年間視聴パスなら1年間視聴できて¥19,250

まだ購入していない方は年パスがオススメです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント