2022J1リーグ第5節 サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレ

スポンサーリンク

代表ウィーク前の最後の試合サンフレッチェ広島戦。

結果は2−0で勝利

「耐えて、耐えて、耐えて、勝ちにもっていった」そんな試合でした。

ここが終われば2週間時間が空くので、代表組以外はリフレッシュできそうです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

代表組は、、、がんばれ!

ケガだけはやめてね。

▼試合詳細は公式HPへ▼

知念、遠野、小林悠のプレーがチームを活性化させる

サンフレッチェ広島戦で注目したこと、気になったことをまとめます。

  • 途中出場で好パフォーマンスを見せた小塚和季がスタメンに
  • ペースが握れないながらも勝ちきれた勝負強さ
  • 勝利に導いた途中出場組のモチベーションの高さ

一つずつ見ていきましょう。

途中出場で好パフォーマンスを見せた小塚和季がスタメンに

サンフレッチェ広島戦はここまでスタメンで出場し続けていたチャナティップがイエローカードの累積で出場停止。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ここは小塚の出番!と思っていましたが、

やはりスタメンのチャンスが来ましたね。

というのも、ガンバ大阪戦名古屋グランパス戦で途中出場して、かなり良い仕事をしていたから。

鬼木監督はこういう選手をよく見ていて積極的にチャンスを与える監督。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

良いプレーをしっかり評価してもらえて、結果試合に出場できる。

この環境が選手のモチベーションを高めていますね。

サンフレッチェ広島戦でもボールに関わる回数も多かった。

中でもロングレンジのパスの精度は輝いてました。

小塚の特徴は出せていたとは思いますが、チームとして耐える時間が長くなってしまったので、目に見える結果というのはなかなか難しかったですね。

とはいえ、スタメンでもやれることは証明していたと思います。

今後もコンスタントに出場し、貴重な戦力になることは間違いなさそうです。

前半からあまり攻撃できず守備に追われることが多かったが、苦しい時間を耐え抜いて、最後は全員の力で2-0という結果につなげることができた。個人的にはボールに多く触ることはできたが、数字の部分で見るとシュートがなかった。シュートにいけるチャンスを逃してしまったところがある。他のチャンスでもちょっとした精度、パススピードがあればゴールにつながったんじゃないかという場面があったので、そこは反省点。チームとしては横浜FM戦での負けはあったが、苦しいなかでも勝ち切って勝点を取れている。今後も厳しい試合が続くと思うが、しぶとく勝ち切って上を目指していきたい。次の試合まで少し期間が空くが、4月はリーグ戦とACLがある。誰が出てもチームとしてやるべきことをやって、勝利につながるプレーをしていきたい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 小塚和季のコメント

ペースが握れないながらも勝ちきれた勝負強さ

序盤こそパスが回り押し込む時間帯はありましたが、前半15分くらいからはサンフレッチェ広島のペースに。

相手が前からマンツーではめにきた。なかなかディフェンスラインと自分のラインを突破することができなかった。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 橘田健人のコメントより抜粋

名古屋グランパス戦のように選手同士の距離を近くして、ショートパスで打開する状況が作れなかったですね。

選手同士の距離が遠くなるとパスコースがどうしても限られてしまう。

結果横パスを読まれてカットされるシーンが多かった。

攻撃の奪われ方が良くなかったと思います。守備も奪われ方が悪いので、間のところでボールを付けられるケースが多かったと思います。ゲームの中で修正もしましたが、修正もしきれずというところもありました。もっと出どころを抑えないといけないと思います。こぼれたとしても、コンパクトにしていれば自分たちの距離にできますが、そのコンパクトさも少しなくなっていました。攻撃のミスが多かったかなと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

なかなか自分たちのペースで戦えないときに重要なのは失点しないこと。

耐えて、耐えて、最後の一刺しで勝ちにもっていく。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

昨年積み上げてきた経験がいきてますね。

守備陣のがんばりだけではなくて、チームとして「耐える時」を

全員で共有できることが強みですよね。

どんなに攻め込まれても失点しなければ必ず相手チームにほころびがうまれる。

そこでゴールを奪い、勝ってきた経験があるから守備もふんばれますね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

理想は攻撃し続けて相手を圧倒することですが、

相手も対策してくるので難しいときはありますよね。

勝利に導いた途中出場組のモチベーションの高さ

耐える時間が長い試合でしたが、流れを変えたのは交代で入った選手たち。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

特に知念、遠野は前からのディフェンスで流れを変えました。

チームに躍動感を生み出してましたよね。

後半途中にフレッシュな選手が入ってきて動きが出てきた。知念(慶)や(宮城)天、リョウタ(大島僚太)もそうだが、足を使って動いてくれていた。停滞感があった中で、ああいう選手がいたことでチームが活性化した。すごく頼りになった。今日の途中交代の選手は全員アグレッシブにやれた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 谷口彰悟のコメントより抜粋

この試合でスタメン出場した小塚もですが、途中出場組のがんばりが目立ちます。

昨シーズンはスタメン組と途中出場組でかなり差がある印象でした。

でも今シーズンは全然違う。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

「自分がなんとかする」って思いがピッチに入る選手みんなにある。

途中出場組の気概が伝わってくるんですよね〜。

誰が出てきてもやってくれそうな気配があります。

途中出場組がここまでがんばると自然とチーム力が上がっていきますよね。

新加入選手がなかなかベンチに入れないのも納得です。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

新加入選手も途中出場組のがんばりには刺激をもらえるはず。

「あれくらいやらないとベンチにも入れない」となれば、

自然と練習にも力が入りますよね。

チームとして良い成長軌道に乗りつつある川崎フロンターレ。

シーズン終盤にどのようなチームになっているか楽しみです。

まとめ

前節良い勝ち方ができた後のサンフレッチェ広島戦。

結果は2−0で勝利

課題の残る内容でしたが、粘り強く戦って勝ちにもっていくことができました。

今シーズンは途中出場組のがんばりが特に目立ちます。

彼らの活躍を見ていると、過密日程も乗り越えることができそうですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

むしろ過密日程になったほうがいろんな選手の出場機会が増えて、

チーム力が向上するのでは?とすら思ってしまいます。

▼2022年シーズンの川崎フロンターレをお得に観るなら▼

2022年2月22日からDAZNの月額視聴料が¥1,925→¥3,000に値上げ!!

DAZN年間視聴パスなら1年間視聴できて¥19,250

まだ購入していない方は年パスがオススメです。

→申込みは3月31日までなので、まだの方は急ぎましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント