2022J1リーグ第9節 横浜Fマリノスvs川崎フロンターレ

スポンサーリンク

開幕戦のFC東京戦を1-0で勝利して迎える神奈川ダービー横浜Fマリノス戦。

結果は2-4で敗北。今年は早くも黒星がついてしまいました。。

スコアだけ見ると派手にやられた感がありますが、内容はそこまで悪くない。

立て続けの失点で流れをもっていかれてしまった。そんな印象です。

▼試合詳細は公式HPへ▼

車屋紳太郎、ジェジエウの不在のディフェンスラインを考える

神奈川ダービー横浜Fマリノス戦で注目したこと、気になったことをまとめます。

  • 失点してもまったくひるまない横浜Fマリノス
  • 車屋紳太郎、ジェジエウ不在のディフェンスをどうやりくりするのか?
  • 左のウイングはマルシーニョか、宮城天か、チャナティップか?

一つずつ見ていきましょう。

失点してもひるまない横浜Fマリノス

この試合は特に失点のしかたが悪かったですね。

1点目は負傷でプレーが止まっていた後の集中力が欠けがちなタイミングで失点。

2点目は失点のリプレイ中にいきなりピンチという状態。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

現地で見ていないと、なんでそうなったのかわからない。。

3点目はやや不運な形。

10分もしないうちに3失点は痛すぎます。

最初の失点と2失点目で横浜Fマリノスを勢いにのせてしまったところが敗因でしょうか。

縦へのスピード、パワーに圧倒されたような感覚がありました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

勢いにのったマリノスを止めるのはなかなか大変。

前半はうまく抑えられてたんですよね~。

とはいえ、その状態から1点巻き返したところは川崎フロンターレもさすがですね。

2-3の状態で横浜Fマリノスが少しでも弱気を見せれば結果は違ったかもしれない。

でも失点して1点差になっても、横浜Fマリノスはひるまずに前に出てきました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

まったく守りに入る様子はなかったですね。

2点差が1点差に縮まると守りに入りたくなるはずなんだけど。。

結果追加点を奪われて敗北。

「守って勝つではなく、攻めて勝つ」にフォーカスされた横浜Fマリノスの強気な姿勢は、今の川崎フロンターレに少し欠けてしまっているところに思います。

攻める気持ちを忘れてはいけない

車屋紳太郎、ジェジエウ不在のディフェンスをどうやりくりするのか?

前節で負傷退場した車屋がこの試合はベンチ外。

ジェジエウの復帰は夏頃の予定。

というわけで、早くも厳しい状況になりつつあるディフェンスライン。

横浜Fマリノス戦では大卒ルーキーの佐々木旭に早くも出番が回ってきました。

最初ベンチから見ていてスピード感があるなと思ったが、日々の練習でもかなり強度が高くてスピードもあるので、いざピッチに立ったら意外と落ち着いてプレーできたと思う。思い切って前に出て行ったり、ボールに対して一発目に激しく行くところはある程度できたが、負けている展開で投入されるということは目に見えるような結果を残さなければいけない。そこは改善点だし、成長していかなければならない部分だと感じた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 佐々木旭のコメントより抜粋
にゃんのすけ
にゃんのすけ

初めてのプロの試合なのに落ち着いてプレーしてましたね。

自分のプレーだけでなく、チームの状況を考えたコメント。

チームを支える選手に成長しそうな予感がします。

佐々木の成長には期待できそうですが、過密日程が続けば谷口、山村、佐々木の3人だけでは厳しい。

そう考えると3バックも選択肢として有りだと思います。

昨年のサガン鳥栖戦で少しだけ3バックにした時間がありましたが、意外と良さそうに見えました。

並びは右から山根、山村、谷口。

佐々木をバックアップで使いつつ、いざとなればノボリを左で使うこともできる。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

谷口の縦に入れるパス、山根のボールを持って運ぶ能力、

山村のカバーリング、、うまくはまりそうな気がする。

スタートから3バックは難しいと思われるので、オプションとして見てみたいですね。

左のウイングはマルシーニョか、宮城天か、チャナティップか?

公式戦3試合をこなし、マルシーニョ、宮城天、チャナティップと3人が左ウイングで出場。

今時点ではチャナティップの左ウイングはなさそうですね。

というのも、チャナティップはインサイドハーフのほうがより良い仕事ができそうだから。

横浜Fマリノス戦ではボールを受けて試合を組み立てることに加え、ペナルティーエリア内に侵入する縦の動きも見られました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

試合をこなすごとにゴールに近づいてる。

そろそろ得点に絡む仕事が期待できそう。

マルシーニョと宮城天はどちらかが飛び抜けて良いというより一長一短ありますね。

なので、対戦相手によって使い分けるのが良さそうです。

ディフェンスラインを高くして前からプレスに来るような相手にはマルシーニョ。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

マルシーニョの裏に抜けるスピードは

高いディフェンスラインに効果的

ディフェンスラインを低くして守ってくるような相手には宮城天。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

味方との連携で相手を押し込んで、

パスとドリブルを絡めて崩していく

横浜Fマリノスにはマルシーニョの方が相性が良さそうですね。

ベンチにも入っていなかったので何かあったのかもしれませんが。

最後に結果を残している知念も選択肢に入ってくる可能性もありそうです。

でもスタメンで左ウイングで知念というのはなかなかイメージしづらいところがあります。

ライバルがいるから成長できる

まとめ

神奈川ダービー横浜Fマリノス戦の結果は2-4で敗北。

この試合で注目したこと、気になったことは次の3点です。

  • 失点してもまったくひるまない横浜Fマリノス
  • 車屋紳太郎、ジェジエウ不在のディフェンスをどうやりくりするのか?
  • 左のウイングはマルシーニョか、宮城天か、チャナティップか?

スコアだけ見ると派手にやられた感がありますが、内容はそこまで悪くないと思います。

とはいえ、次の試合で負けてしまうとイヤな空気になってしまいそうな予感がします。

次節鹿島アントラーズ戦は早くも正念場。

どのような形であっても勝ちにもっていきたいですね。

▼2022年シーズンの川崎フロンターレをお得に観るなら▼

2022年2月22日からDAZNの月額視聴料が¥1,925→¥3,000に値上げ!!

DAZN年間視聴パスなら1年間視聴できて¥19,250

まだ購入していない方は年パスがオススメです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント