アジアチャンピオンズリーグ ラウンド16 川崎フロンターレvs蔚山現代 ハイレベルな攻防の中で磨かれる橘田健人

スポンサーリンク

選手交代に見えた鬼木監督の苦悩

負けたら終わりのアジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメント初戦。

結果は延長でも決着つかず0-0。

PK戦の結果2-3で川崎フロンターレの敗退が決まりました。

今シーズンはACL初制覇を目指していたので喪失感が大きいですね。

試合内容もどちらが勝ってもおかしくない内容だっただけによけいにくやしい。。

試合前半は完全に蔚山現代ペース。

昨年のACLチャンピオンだけあってプレスのスピード、強度が高い。

川崎フロンターレとしては完全に後手に回りました。

パスを回すにしても判断する時間がない。

ダミアンへのロングフィードで打開できればよかったのですが、ディフェンスラインにもプレスに来るので少しむずかしかったですね。

前半は耐える時間が長くなりましたが、簡単に失点しないところが今シーズンの川崎フロンターレの良さでもあります。

本来なら攻撃することで失点をおさえていくスタイルでしたが、主力が半分以上いなくなってしまった現状ではいたしかたない。。。

とにかく前半は耐えきって0-0。

蔚山はプルコギが名物

後半は川崎フロンターレのペース。

ダミアンと脇坂をトップにした4-4-2に近い形で前からプレスにいけるシステムに変更。

ルヴァンカップの浦和戦も4-4-2にしてプレスが機能するようになりました。

蔚山現代のセンターバック2人をダミアンと脇坂でおさえる。

センターバックからパスを受けに来たボランチを橘田かシミッチがおさえる。

ロングボールを蹴ってきたら、ジェジエウと山村ではね返す。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

やはり4-4-2はバランスがいい

ただ脇坂、橘田は上がったり下がったりで運動量が増えるのでちょっと大変そう。

そこは若さで乗り切ってくれというところですかね。

良い守備から良い攻撃ができていたので、川崎フロンターレとしてはこの時間のうちにゴールして試合を決めたかった。

でも蔚山現代も最後のところは簡単にはやらせてくれないですね。

川崎フロンターレも蔚山現代もハイペースで試合をしているので選手の消耗も大きい。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

選手交代が勝負の分かれ目かなぁ

蔚山現代は早めに選手交代してきたのですが、鬼木監督は後半終了間際まで動かず。

「選手交代でゴールを狙いたいけど代えがいない・・・」

鬼木監督の本音が聞こえてきそうです。

疲れているダミアンや悠さまとベンチメンバーを天秤にかけた結果の交代をしない決断。

仮に大島くんや旗手がベンチにいたとしたら、残り20分で間違いなくかえたはず。

大きな試合になればなるほど、監督から信頼されている選手が誰なのか見えてしまいますね。

勝負の世界は残酷です。

延長も終わり0-0。

できることならホーム&アウェイで決着をつけたかった。

PKは運要素が高すぎるので。

しかもPKスポットの芝がめくれて運要素MAX。

選手は本当に必死にやってくれました。最後はPK戦の負けは残念ですが、選手は胸を張って帰って欲しいと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

この言葉に尽きます。

ACLの制覇は来年に持ち越しですね。

蔚山は釜山に近いらしい

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/ACL ラウンド16 vs.蔚山現代 | KAWASAKI FRONTALE

アジアチャンピオンズリーグ ラウンド16 MVPランキング

1位 橘田健人

あの運動量でスタートから最後まで。頭がさがります。

延長後半終盤の決定機にゴール前に出ていけるスタミナは普通じゃない。

ボールを奪いに行くタイミングの良さやしつこさも、相手にとってみれば厄介きわまりないですね。

こういう拮抗した試合でチームを勝たせられるような選手になりたいと改めて感じた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 橘田健人のコメントから抜粋

このまま成長していけば間違いなく勝たせられる選手になりますね。

まだまだ橘田の成長は止まらなそうです。

2位 脇坂泰斗

後半の攻勢を支えたキープレイヤー。

前線からのプレスのスイッチ役をダミアンとともにこなして流れを引き寄せる。

3人目の動きでペナルティーエリアに侵入し、チャンスも作っていました。

3位 ジェジエウ・山村和也

長身の相手フォワードへのロングボールに問題なく対処。

前半の劣勢をゼロでおさえて、後半の攻勢につなげましたね。

山村のケガは大丈夫なのだろうか?

山村まで離脱となったら・・・。

まとめ

ACLはラウンド16で終わってしまいました。

優勝を目指していただけに喪失感は大きいです。

しかし試合の内容としては直近の試合の中でもかなり良かった。

まったく下を向く必要はないです。

ACLとルヴァンカップがなくなったことで、J1リーグに集中できる環境が整ったとも考えられます。

ケガで離脱中のメンバーが戻るまでは今のメンバーでねばり強く戦って、離脱メンバーが戻ったところで反転攻勢といきたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント