天皇杯準々決勝 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ 脇坂泰斗充実のパフォーマンス

スポンサーリンク
負けたら終わりの天皇杯

鬼木監督が植えつける川崎フロンターレの強気が勝利をもたらす

清水エスパルス戦から中2日で、負けたら終わりの天皇杯準々決勝。

相手は一発勝負に無類の強さを誇る鹿島アントラーズ。

結果は3-1で勝利。

気力・体力ともに鹿島アントラーズを上回る勝利でした。

前半は強気に攻めた川崎フロンターレのペース。

前半の最初こそ前に出てきた鹿島アントラーズでしたが、前線のプレスをかわされ始めると重心は少しずつ後ろへ。

ここは川崎フロンターレのディフェンスラインと中盤3人+家長の逃げないパス回しがすばらしかった。

圧に負けて逃げてしまうと相手を乗せてしまうことになる。

だからこそ強い気持ちでパスを回し、相手のプレスを上回ることでペースをつかめたことが大きかったです。

まず気持ちの面は日頃から言っていますし、タイトルへの執着心を見せようと話しています。中2日のチームが強気で行ったらどうなるのか。そういう話をしています。一人一人の真価が問われることだよと話した中で、そこを強気でやってくれたかなと思います。

試合終了後監督コメント  川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント

試合に入る前の鬼木監督のメンタルコントロールがきいてます。

川崎フロンターレがペースをつかんでからは、鹿島アントラーズ陣内で試合が進みます。

良いときの川崎フロンターレはとにかく相手陣内でプレーする時間が長い。

ボールを保持するのも、ボールを失って再度奪回するのも相手陣内。

相手にしてみれば一息つくひまもないので苦しいですね。

苦しい状況でも失点さえしなければ、試合後半に巻き返す可能性はあります。

ですが失点せずに耐え続けるのはかなり難易度高めです。

我々はもう少し、前に重心を置いてプレーしたかった。ただそこがうまく入れなかった。守備の部分でも、思った以上にブロックを下がってしまった。その中で奪い返されて自陣から出られない時間帯が長くなってしまった。そこから我慢し切れればとは思っていましたが、リスタートから先に点を取られてしまいました。最初にも話しましたが、我々が立ち上がりから前に出ないといけない中で、勝ちへの意識、大事なゲームだという意識を持ってもらう中で、少しボールを受けるであるとか、自分たちが主体的にボールを運んでいくとか、そういう部分が少し前半、特に立ち上がりは少なかった。それで相手に主導権を渡してしまったかなと思います。

試合終了後監督コメント 鹿島アントラーズ 相馬監督のコメント

自陣から出られない時間が長く、耐えきれなかったことを鹿島アントラーズの相馬監督も敗因にあげています。

鹿島アントラーズのメンタルを持ってしても、自陣にくぎづけにされる展開は厳しい。

川崎さんに今年2つ負けていることも含めて勝つ、勝ち返す。そういう思いで準備してきましたが、そういう形になりませんでした。勝つということを強調して準備してきました。その部分が多少、足を前に出せないような状況にしてしまったかもしれません。

試合終了後監督コメント 鹿島アントラーズ 相馬監督のコメントより抜粋

攻めて勝ちきるというよりは、負けたくないという思いが強くなりすぎて受けに回ってしまうことはよくあります。

どういうメンタルで試合に入るかは重要ですね。

川崎フロンターレの場合は常に攻撃から入るので、わかりやすいといえばわかりやすい。

鹿

川崎フロンターレにとっては攻めている間に先制できたことが大きいです。

攻めているのに得点が入らないと、ちょっとしたきっかけで相手ペースになってしまうのがサッカー。

解説者
解説者

攻めてるときに点を取れないと・・・

は、サッカーの中継でよく聞くフレーズです。

後半開始直後のペースがどちらに傾くかわからない時間帯に2点目、3点目が取れたのも大きかった。

3点目が入ってからは鹿島アントラーズの捨て身の攻撃を耐える時間。

この時間帯にカウンターで1点取れるようになると、ディフェンスはかなり楽になりますが、それは来季の課題ですかね。

三笘みたいに単独で突破できる選手がいたら相手にとっては脅威です。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/天皇杯 準々決勝 vs.鹿島アントラーズ | KAWASAKI FRONTALE

天皇杯準々決勝 MVPランキング

1位 脇坂泰斗

1ゴール1アシスト、全得点にからむ活躍。

ボールを受けて仲間を助けることに加え、ペナルティエリアに侵入し得点にからむ怖さも身につける。

利き足じゃない左足のシュートも正確無比。

今シーズン序盤は出場できない試合もあったものの、すっかりチームになくてはならない中心選手に成長。

2位 ジェジエウ

川崎フロンターレのゴール前に壁となって立ちふさがる。

身体をはったシュートブロックでチームを救う。

ヘディングクリアの飛距離は何度みてもすごい。

3位 旗手怜央

あそこにいて頭に当たって入るのも、たまたまだと思うが、あそこに入っていくこともまず大事。それが結果として繋がった。自分自身もあそこに入っていくのはすごく意識している。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 旗手怜央のコメント

後ろの組み立てにも参加し、ペナルティエリアにも入っていく。

ペナルティエリアに入らなければなかったゴール。

相手の逆を取るボールの持ち出しも必見。

川崎フロンターレも収穫の季節

まとめ

難敵鹿島アントラーズに勝利し、天皇杯準決勝に進出。

一発勝負の天皇杯で鹿島アントラーズに勝ったことは、チームとして一回り強くなった証です。

11月3日はまだ他力ではありますがJ1リーグのタイトルがかかる試合。

相手は浦和レッズ。

ルヴァンカップの借りを返したいです。

試合開始が13時と早いので注意ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント