J1リーグ第10節 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島 ジェジエウのフィジカルに注目

スポンサーリンク
等々力陸上競技場

川崎フロンターレが圧倒した前半。注目はジェジエウとジュニオール・サントスのフィジカルモンスター対決

試合内容は圧倒的。でも勝てないところがサッカーの難しさ。

結果は1-1の引き分け。

勝負ごとに絶対はないですね。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第10節 vs.サンフレッチェ広島 | KAWASAKI FRONTALE

前半は川崎フロンターレが圧倒

川崎フロンターレがいかに前半を圧倒したかは結果がものがたってます。

サンフレッチェ広島の前半のシュート数が0。

サンフレッチェ広島側のコート内で、ひたすら攻撃し続けた川崎フロンターレという印象。

サンフレッチェ広島にボールをとられても、すぐに2人、3人で囲い込んで川崎フロンターレがボールを奪い返すので、サンフレッチェ広島のディフェンスはかなり苦しそうでした。

遠くにクリアするだけで精一杯でしたね。

そんな状態でも失点を1に抑え切った。ここが勝負の分かれ目でした。

結果後半にカウンター一発で1点取られての引き分け。

やはり圧倒的に押し込んでいる間に、2点以上取りたいところです。

より多くのタイトルを目指すうえで、2点差以上つけるメリットは大きく3つです。

  • 2点差あれば相手は間違いなく攻撃しないといけないので、スキがうまれやすく追加点を狙いやすい
  • 仮に相手が攻撃してこないなら、のんびり省エネサッカーができる
  • フレッシュな選手に交代をしながら、主力選手の消耗を軽減できる

暑くなる夏場の連戦はいかに選手が消耗しないかが重要です。

夏場の連戦で連勝するようであれば、一気にリーグ優勝が見えてきます。

さらに秋以降はタイトルのかかる重要な試合が増えてくるので、選手の消耗を分散することがカギになるでしょう。

ジェジエウとジュニオール・サントスのフィジカルモンスター対決

サッカーに限らずスポーツ全般ですが、超人的フィジカルの持ち主同士の真っ向勝負は熱くなりますよね。

ジェジエウとジュニオール・サントスのぶつかりあい。

内容的にはほぼ互角でしたが、得点シーンに絡んで引き分けに持っていったことを考えると、ジュニオール・サントスは仕事したなというところでしょうか。

真っ向勝負の良いところは、勝っても負けてもスポーツ特有の清々しさがあるところですよね。

これからもフィジカルが強い選手とのマッチアップはあるはずなので、ジェジエウとの対決に注目です。

川崎フロンターレデビューの小塚和季とベンチ外になった主力

川崎フロンターレデビューとなった小塚。

残り20分くらいからの出場だったので注目していたのですが、あまり印象に残りませんでした。

もう少し相手の脅威になるような場所でボールを受けることができないと、スタメンで出るというのはなかなか難しそうです。

まだ始まったばかりなので、長い目で見守りたいですね。

新しい選手が出るということは、主力にアクシデント有りということです。

なかなか戻ってこない大島僚太。最近ベンチ外の旗手とシミッチ。この試合で足を痛めた小林悠。

少しずつ怪我人が増えてきている状態は、なんとも嫌な予感がします。

次節まで少し空くので、しっかり休んでほしいですね。

とはいえ、こういう時こそスタメン組じゃない選手にとってはチャンスなので、活躍してスタメンを勝ち取ってほしいです。

まとめ

結果は引き分けでしたが、一試合とおして試合内容は圧倒してました。ただゴールが遠かった。。。

次は2位名古屋グランパスとの対戦。最強の矛と最強の盾はどちらが強いのか。

元川崎フロンターレの阿部ちゃんや齋藤学もいるので楽しみですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント