J1リーグ第13節 ガンバ大阪vs川崎フロンターレ 川崎フロンターレからゴールを守る方法

スポンサーリンク
パナソニックスタジアム吹田

ガンバ大阪の守りかた。最後の壁は東口順昭

首位決戦の後ということもあり、動きは重そうでしたね。

結果は2-0で、川崎フロンターレの完封勝利。

最後はかなり押しこまれましたがきっちり守り切りました。

前節の反省をいかして試合を終わらせることができましたね。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第13節 vs.ガンバ大阪 | KAWASAKI FRONTALE

ガンバ大阪の守りかた

ガンバ大阪との対戦は試合終盤に押しこまれる展開が多いです。

とにかくガードをかためて、攻めつかれたところで逆襲することがガンバ大阪の狙いなのか?

試合後のガンバ大阪宮本監督のコメントから読み取ることはできませんでした。

でも、最近の試合の傾向から狙いなのではと推測しています。

前半の15分くらいまでは、ガンバ大阪もある程度前からディフェンスにきていました。

しかし川崎フロンターレのパス回しが機能してくると、自陣に穴をあけないディフェンスに切り替わります。

ディフェンダー4人とミッドフィールダー5人が引いてディフェンス。

このままだと名古屋グランパスとの一戦目のように、押しこんで圧倒する川崎フロンターレの必勝パターンになりそうですが、ガンバ大阪のディフェンスは少し違いました。

名古屋グランパスとガンバ大阪の守りかたの違いとは?

ディフェンスラインの高さです。

ディフェンスラインがペナルティーエリアの中に簡単に下がらない状態で、ミッドフィールダーの5人は下がってディフェンスする。

つまりペナルティーエリアの前に9人のディフェンダーとミッドフィールダーが密集している状態なので、そこに川崎フロンターレの選手が入り込むスペースはほとんどありません。

結果、ペナルティーエリア付近のさらに外側でボールを回す時間が増え、ボール支配率は高いのに決定的チャンスはほとんど作れませんでした。

ガンバディフェンスに穴をあけるのがむずかしい状態ではありましたが、ガンバ大阪が前に出てくることでできたスペースを使い、カウンターで1点取れたことは幸運でしたね。

大阪城 天守閣

いつだって守護神東口に止められる

毎回ガンバ大阪戦をみていつも思うことです。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

また東口に止められた・・・

この試合に限らず、今まで決定的なシーンを何度ストップされたことか。

ガンバ大阪のゴールキーパーが東口じゃなければ、この試合は2点どころか5点くらい入っていたのでは?

と思うくらいスーパーセーブの連続でした。

東口のセービングをみていて思うのは、飛んでくるボールを正面で受けることが多いです。

決して派手なセービングではないのですが、良いところにいるんです。

つまり、シュートコースを予測する能力と、正面で受けるポジションを取る能力が優れている。

日本人のゴールキーパーでは、飛び抜けた存在ですね。

通天閣

ジョアン・シミッチのリスク管理力

ガンバ大阪戦で特に目立っていたのは、シミッチのパスカットの多さでした。

前半の20分くらいから後半の20分くらいまで、川崎フロンターレがガンバ大阪陣内に押しこんでボールを支配する時間が続きました。

長い時間ディフェンスをし続けなければならないガンバ大阪。

心の声
心の声

ディフェンスばかりでしんどいわ~

ガンバ大阪の選手の心の声が聞こえそうですね。

しんどい状況ですが、ボールを奪った時はようやく訪れるチャンスです。

しかしボールを奪われた瞬間、すぐにボールホルダーに数人でプレスし、ボールの奪回を図るのが川崎フロンターレのディフェンス。

プレスを受けたガンバ大阪の選手が、苦しまぎれに出したパスの先にシミッチというシーンが数多くみられました。

これはシミッチだけがすごいというわけではなく、プレスに行く選手がいるから成り立っていることを忘れてはいけません。

とはいえ、全体を見ながらパスのコース上にポジションをとれる、シミッチの戦術眼はすばらしい。

まとめ

対戦相手はいろいろな策で川崎フロンターレに対抗してきます。

とはいえ、横綱相撲で勝ちきる強さが今の川崎フロンターレにはあります。

次の対戦相手はベガルタ仙台。

レアンドロ・ダミアンや家長の疲労を考えると、そろそろ控え組の出番です。

控え組の活躍に期待しましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント