J1リーグ第22節 名古屋グランパスvs川崎フロンターレ 最強の矛盾対決 第1ラウンド

スポンサーリンク
豊田スタジアム

完璧すぎる試合運びで、最強の盾名古屋グランパスを粉砕

試合は内容、結果どちらも完璧すぎでした。

名古屋グランパスを圧倒的に上回って、4-0で快勝。

「攻撃は最大の防御」という格言がありますが、勝負事では攻撃することによって相手の選択肢をせばめていくという効果も考えると、理にかなっている戦略です。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第22節 vs.名古屋グランパス | KAWASAKI FRONTALE

川崎フロンターレが圧勝した理由

試合の入り方の違いです。

特にどういうメンタルで試合に入るかが重要です。

強気に攻撃をして勝つためのサッカーをする川崎フロンターレ。

一方得点を取られないことで勝ち点を積み重ねてきた名古屋グランパス。

守備で実績をあげてきたことが、名古屋グランパスが立ち上がりから受けに回ってしまった要因になりました。

前線のフォワードから全体でプレスに来るシーンは見られず、引き気味でスタートしていたことから、受けに回っていることがよくわかります。

しかし受けに回った相手に強いのが川崎フロンターレ。

前半から相手陣内に押し込んで、一方的に攻めまくるのは川崎フロンターレの必勝パターン。

この試合では開始10分で2ゴール。前半のうちに1ゴール追加して勝負を決めてしまいました。

直近ではFC東京戦が似たような展開でしたね。

FC東京も守備に自信があって、立ち上がり受けに回った結果、前半で勝負が決まってしまいました。

試合に入る時のメンタルで、少しでも弱気を見せるとほころびがうまれてしまいます。

チームのメンタルコントロールは繊細で難しいですね。

メンタルコントロールの上手い監督が川崎フロンターレの鬼木監督です。

試合をコントロールして選手の消耗を防ぐ

3得点というのは毎試合目標にしている数字だが、そこからの試合運びに関しては自分たちからしかける場面と相手をよく見て構えてカウンターといった使い分けを多少やりながらできたかな

試合終了後コメント 谷口彰悟選手のコメントより引用

前半の貯金を優位に使って、試合をコントロールしていたんだなということがわかります。

巻き返さないといけない名古屋グランパスとは対照的に、川崎フロンターレは出力を上げすぎず、下げすぎず、攻撃も守備も心地よい出力で対応していました。

まさに省エネサッカー。

殴り合い上等だった頃が懐かしいですね。すっかり大人のサッカーをするようになりました。

タイトルを積み重ねるとはこういうことなのでしょうか。

やんちゃな頃もそれはそれで人間らしくて好きなんですけどね。

選手交代でスタメン組も休ませることもできたことも大きいです。

さらに交代で入った遠野大弥がダメ押しの追加点。

あの角度から利き足じゃない左足で名手ランゲラックを抜くなんて、想像を超えるスーパーゴールでした。

暑くなってきても試合をコントロールする勝ち方ができれば、他チームに対して優位にリーグ戦が戦えます。

複数タイトルを見据えると必要不可欠な戦い方ですね。

名古屋名物ひつまぶし

シミッチと旗手の復帰とコンディションの良さ

前節から少し空いたこともあり、どの選手もコンディションは良さそうでした。

中でもシミッチと旗手の復帰は大きかったですね。

特に旗手は脇坂を押しのけてのスタメンだったこともあり、ギラギラ感満載でした。

貴重な先制ゴールも決めてチームに勢いをもたらしました。

1年前遠慮がちにプレーしていた頃を思い出すと、こんなにも成長するのかと感慨深いです。

シミッチもプレッシャーがきつくないこともあって、楽しくプレーしていたように見えました。

シミッチの縦に入れるシャープなパスは一見の価値ありです。

この試合で消耗した様子もなさそうですし、次節も良いコンディションで臨めると思います。

まとめ

勝敗を分けるポイントとして、メンタルの部分は大きいです。

攻撃から入るにしても、守備から入るにしても、気持ちで上回ることの重要性にフォーカスしてみました。

5月4日は等々力で再戦です。

このまま名古屋グランパスが簡単に屈するとは思えません。

試合の立ち上がりにどちらの強気が上回るのか?

少し意識してみるとサッカー観戦がおもしろくなります。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント