J1リーグ第28節 川崎フロンターレvsヴィッセル神戸 家長昭博のゴールはフロンターレらしさの復活

スポンサーリンク

大迫に苦戦した前半と大迫を消した後半

勝利すればリーグタイトルに近づく大事なヴィッセル神戸戦。

結果は3-1でまたしても逆転勝利。

1点取られても問題なく取り返せる自信のようなものをチームから感じます。

ヴィッセル神戸戦のスタメンは今の時点ではベストな布陣。

シミッチの不在と大島くんの状態は気になるところですが。

脇坂、旗手、橘田の中盤は運動量と機動力にすぐれているのでおもしろいですね。

3人ともインテリジェンスも高いので、お互いを補完しあうバランスも良い。

前半は大迫にやられましたね。

最前線で1人で起点を作ってしまうところはさすがです。

谷口、ジェジエウもガッツリディフェンスにいってるのに、なぜか大迫にボールがおさまる。

大迫を起点に2列目から武藤やイニエスタが前向きでからんでくるので、川崎フロンターレにとっては厳しい時間でした。

立ち上がりの時間帯で全体的に動きがなかったというか、多少相手を自由にやらせてしまった。その時間帯で先制されてしまった。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 脇坂泰斗のコメントより抜粋

前からプレスをかけた時に、相手の立ち位置、技術的な部分でなかなかプレスがハマらなかった。ロングボールを入れられて、そこのセカンドボールを拾えず、チームとして厳しい時間が続いた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 橘田健人のコメントより抜粋

前半は腰が引けていたと思う。相手をリスペクトしすぎていた。後ろに重かったと思うし、ラインも低かった。2対1でもキープされることも多かった。ボールに強くいけていなかった。戦術的なところもあるが、それよりも相手をリスペクトしてしまって、相手にいけてなかったと思う。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 家長昭博のコメントより抜粋

ヴィッセル神戸が前半からハイペースでしかけてくる。

ヴィッセル神戸の前線は大迫、武藤、イニエスタとビッグネームが多いこともあり、必要以上に警戒してディフェンスラインが下がってしまう。

中盤にスペースができてプレスがはまらなくなる。

いろいろな要因が重なっての前半でした。

連戦の疲れもあるので、最近の数試合も含めて前半の戦い方がむずかしいですね。

異人館

後半は川崎フロンターレのペース。

(戦術的なところは)そこまで大きく変更はしていません。前半の途中からやり続けていればいけるだろうと。相手も飛ばしていたので、ビルドアップでの持ち出し方の工夫は言いました。何よりも守備の時で相手の起点を潰すとか、そこをしっかりとやってくれたことがこういう形になったと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント 赤字部分は補足しました

やることは変わらないので、やるべきこと整理して修正する。

加えてかなりのゲキが飛んだのでは、、、とファイフロのインタビューを見て思いました。

鬼木監督はやはり名将です。

後半は前からのプレスがはまる。

橘田、ノボリ、山根あたりが狙いをつけて前向きにディフェンスできるようになると勢いが出ますね。

ボールを奪ってすぐに縦にしかけられるので、ヴィッセル神戸は自陣から出られない。

オウンゴールを誘った山根のクロスはまさにこの形。

また前からの守備が機能することで、大迫へのボールの出どころをおさえられるようになりました。

結果、大迫までボールが来ない。

さすがの大迫もボールが来なければ仕事はできないですね。

後半はパス回しも良かったです。

ヴィッセル神戸のプレスが弱まったこともありますが、縦やななめに入れるパスが多かった。

縦やななめのパスが入ることで、攻撃のスピードが変化するので、見ていて楽しいですよね。

シーズン前半の良かった頃の川崎フロンターレに戻りつつあるなと感じます。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第28節 vs.ヴィッセル神戸 | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第28節 MVPランキング

1位 家長昭博

PKは失敗したが、リードを2点にひろげるゴールで勝利に導く。

最近はゲームメイクに参加することが多く、ゴールを決めるシーンが少なかった。

家長がゴールできるポジションにいるのはチームとしても良い傾向。

ここから得点を増やしていく可能性は高いです。

2位 マルシーニョ

裏ぬけからPKゲット。

左サイドのしかけがアクセントになってますね。

ボールを受ける場所が良くなり、連携も良くなっている様子。

ディフェンスもがんばって追ってました。

途中交代した宮城天にとってもライバルとして良い存在。

3位 橘田健人

前からのプレスがはまっている時の前へ前へのディフェンスは本当にすばらしい。

パスコースの読み、プレスの鋭さは最大の武器。

ボールを奪った後、攻撃に出ていくスピードも速い。

イニエスタにガッツリ行って、あっさりかわされるのも良い経験。

神戸の中華街

まとめ

3試合連続の逆転勝利。

連勝が止まらない雰囲気になってきました。

ケガで離脱していた選手と苦しい時を乗り越えて成長した選手が融合し、チームとして充実の時をむかえてますね。

次の多摩川クラシコが終われば久しぶりの休息。

なんとかもうひと踏ん張りしてもらって、良い休息にしてもらいたいです。

緊急事態宣言も終わったので、久しぶりに等々力に行きたいなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント