J1リーグ第29節 徳島ヴォルティスvs川崎フロンターレ ついに登場、秘密兵器マルシーニョ

スポンサーリンク
鳴門海峡

旗手玲央の復帰と川崎フロンターレらしさの復活

アジアチャンピオンズリーグの敗退が決まり、リスタートの大事な一戦。

結果は3-1で勝利。

内容も結果も納得できる良いリスタートでした。

この試合は注目点が多かったので簡単にまとめます。

  1. ついに登場マルシーニョ
  2. 旗手怜央の復帰
  3. ACL後の消耗・切替え

ついに登場マルシーニョ

なんといっても注目は初出場、初スタメンのマルシーニョですね。

8月下旬にチームに合流して1ヶ月。

どんなプレーをするのか期待が高まります。

序盤こそなかなか試合に入っていけないような感じでしたが、少しずつ本領発揮。

ドリブルが単純に速いというよりは、瞬間瞬間が速い印象です。

ドリブルに入る瞬間が速い、きりかえした次の瞬間が速い。

ディフェンダーを一瞬で置き去りにするドリブル。

PK獲得のシーンは置き去りにされたディフェンダーが足を遅れて出してファウルになりました。

今後対峙するディフェンダーはペナルティエリア内のマルシーニョに苦戦しそうな予感です。

阿波踊り

旗手怜央の復帰

ようやく帰ってきました。

旗手の名前がスタメンにあった瞬間、、、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

来たぁぁぁぁ!!

帰ってきてくれてありがとう!

ってなった川崎サポーターは数知れず。

旗手の復帰がすべてではないですが前からの守備が機能します。

ACL蔚山現代戦もですが4バックの相手に対してフォワード1人では追いきれない。

追いきれないのでうまくパスを回されてペースを握られる試合が多かったです。

対策としてフォワードとインサイドハーフの2人で追うことで前からの守備を機能させてきました。

徳島ヴォルティス戦はスタートから知念、旗手の2人で追うことで前からの守備がはまる。

前からの守備が良いので、サイドバックの登里、山根の2人も狙いをつけて前へ前へ強気のディフェンスが見られました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

久しぶりに前に圧力をかけるノボリと山根を見た気がする

旗手の復帰とともに川崎フロンターレらしさも戻りつつあります。

ACL後の消耗・切替え

今年最大の目標にしていたアジアチャンピオンズリーグの優勝。

最大の目標がなくなってしまったことで喪失感も大きかった。

でも悪い流れを引きずるような弱いメンタルはなかったですね。

疲れや精神的な不安などいろいろなものがあったと思いますが、みんなが取っ払ってくれたと思います。簡単なゲームではない中で、粘り強く戦おうという話をした中で、追いつかれる形になりましたが、その後も得点を重ねたこと。プラス、最後は苦しい状況でしたが、ああいう戦いをしようと決めていた中で、身体を張ってくれました。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント

少し休ませてあげたいところですがしばらくは連戦。

これ以上ケガ人が出ないことを祈りつつ、ケガ人の復帰を待つしかないですね。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第29節 vs.徳島ヴォルティス | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第29節 MVPランキング

1位 知念慶

PKを確実に仕留め、さらにコーナーキックからゴールで2得点。

前からのディフェンスがあまりうまくない印象だったが、この試合では効いていた。

流れの中でのゴールは次の課題。

2位 マルシーニョ

PKを誘うドリブル突破は川崎フロンターレの新しい武器。

脇坂へのアシストも含め、得点に絡める選手。

試合を重ねれば味方との連携も良くなるはずなので期待は大きい。

三笘クラスの活躍が期待できる逸材。

3位 脇坂泰斗

技術がつまった美しいゴール。

トラップしてからシュートまでが速く、シュートのコースも完璧すぎる。

コーナーキック、フリーキックの精度も高い。

徳島名物すだち

まとめ

リスタートとなった徳島ヴォルティス戦はACLの敗退を払拭する好ゲームでした。

ケガで離脱していた旗手の復帰、新加入のマルシーニョの活躍もあり、ここから上昇していく雰囲気を感じます。

試合が続くので選手の消耗、特にディフェンス陣は気になりますが、ケガなく乗り越えてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント