J1リーグ第30節 川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ 車屋紳太郎も復帰!リーグタイトルへ加速

スポンサーリンク

チャレンジした前半、ラストは等々力劇場

ひさしぶりに等々力陸上競技場で開催されるJ1リーグ湘南ベルマーレ戦。

結果は2-1で勝利。

前回の鹿島戦に続き、劇的な逆転勝利で3連勝と勢いが出てきました。

湘南ベルマーレ戦には車屋紳太郎ももどってきましたね。

車屋の復帰に

にゃんのすけ
にゃんのすけ

来たぁぁぁぁ!!

帰ってきてくれてありがとう!

ってなった川崎サポーターは数知れず。

そろそろこのネタはしつこいですね(笑)

大島僚太の復帰まで封印します。

前半は完全に湘南ベルマーレペース。

4-4-2がまったくはまらなかったですね。

4-3-3でトップ下を置いたような形で、ボールの動かしのところですね。今日でいうと、ワイドがどれだけランニングをかけられるか。そこのところでかけられなかった。時間の溜めのところもうまく作れなかったと思います。人を生かす部分ではユウ(小林悠)や知念も中にいれば可能性はありました。悲観し過ぎずにチャレンジしながら進めていきたいと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント

ルヴァンカップ準々決勝の浦和戦からですかね。

4バックの相手に4-4-2で対抗するようになったのは。

相手のセンターバック2人に対して、川崎フロンターレも2人のフォワードでプレスすることで前からの守備を機能させてきました。

しかし湘南ベルマーレは4バックではなく3バック。

システム的に3バックを相手にしてどれくらい機能するか?

それにダミアンと家長、ノボリあたりを休ませるために4-4-2を試したのでしょう。

結果としてまったくはまらなかったとはいえ、シーズン中に新しい形を模索してチャレンジするのは悪くないです。

前半を0-1で折り返せていたので、後半は修正できると思っていました。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋

ダメだった時は4-3-3にもどして、後半で取りかえすことを視野に入れたチャレンジ。

ベンチメンバーが充実しているからできる強気なチャレンジですね。

後半スタートから3人をメンバーチェンジ。

遠野大弥 → 登里亨平

宮城天 → マルシーニョ

谷口彰悟 → 橘田健人

知念か悠さまのどちらかを家長にかえると予想していましたが外れました。

前で時間を作ることができていなかったので家長しかいないと思ったのですが、家長を温存してマルシーニョでくるとは。。。

後半は選手交代、システム変更の効果で川崎フロンターレのペース。

選手同士の距離感がよくなってパスが回る。

前からの守備がはまって、湘南ベルマーレがボールをキープできない状況を作ります。

決め手となったのは65分に投入された家長ですね。

体力的にプレスを続けることが厳しい湘南ベルマーレを自陣に押しこむゲームコントロールはさすがです。

旗手の同点弾もオーバーラップする時間ができた山根のクロスからです。

一気に変わったと思います。時間を作れますし、ミキ(山根視来)が上がれる時間もできた。単発じゃなくて、連続でやるには相手を押し下げてやることが必要です。彼にはそういう仕事をして欲しいと話をしました。ゲームを読める選手だと改めて思いました。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント

鬼木監督の信頼度も絶大。

山村→ジェジエウの交代もよかったですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

最後はダミアン投入でゴールを!

と思っていたので意外な選手交代でした。

湘南ベルマーレ陣内に押しこんで攻撃し続けるためのリスクヘッジ。

スピード勝負の単発カウンター対策ですね。

よく考えてみるといぶし銀な選手交代です。

仮に引き分けで終わっていたら

にゃんのすけ
にゃんのすけ

なんでダミアン出さないんだ!

になっていそうですが。。。

叩かれるリスクを負ったとしても鬼木監督が知念を信頼し、知念は結果で応えた。

川崎フロンターレにとって劇的な逆転勝利でしたが、鬼木監督と知念にとってははるかに大きな喜びだったのではと想像してしまいます。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第30節 vs.湘南ベルマーレ | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第30節 MVPランキング

1位 知念慶

前半はテクニカルな仕事が多く「らしさ」が出せず。

ラストの逆転ゴールで等々力劇場の主演に。

得点のニオイがする危険なフォワードに成長してほしい。

2位 家長昭博

時間を作り、違いをうみだせる存在。

体力的に厳しい相手を自陣にくぎづけにするようなゲームコントロール。

最後のクロスもピンポイントの完璧なアシスト。

3位 車屋紳太郎

復帰初戦のむずかしかった前半を失点1で乗り切る。

気付いたらジェジ(ジェジエウ)がゴール前にいたので、サイドバックの選手とカウンターのところを意識していた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 車屋紳太郎のコメントより抜粋

いつのまにか前線にあがってしまったジェジエウへの気づかいがやさしい。

実りの秋

まとめ

劇的な逆転勝利で3連勝。

苦しかった夏を乗り越え、収穫の秋をむかえてますね。

橘田、知念、宮城天の成長。

これから川崎フロンターレがどのような形になっていくのか楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント