J1リーグ第31節 川崎フロンターレvsFⅭ東京 勝利を呼んだレアンドロ・ダミアンの献身

スポンサーリンク
多摩川

優勝する覚悟、ここで決めに行く覚悟を持って挑んだ ― 登里亨平

中断前の最後の難関。多摩川クラシコ。

結果は1-0で勝利。

内容はともかく厳しい連戦を連勝で締めたみんなに拍手を送りたいです。

メンバーはヴィッセル神戸戦とほぼ同じ。

勝ち方がよかったので良いイメージのまま試合に入りたい。

多摩川クラシコが終われば久しぶりの休みなので、フルメンバーでいって勝って休みに入りたい。

というところでしょうか。

前半はイメージどおり前からのディフェンスでFC東京のパスミスを誘い、川崎フロンターレの2列目、3列目でボールを回収。

そこからパスをつなぎシュートまでという川崎フロンターレらしさが出てました。

前線のディフェンス、ダミアンとマルシーニョのプレスがきいてましたね。

特にダミアンの気合の入りっぷりは目をみはります。

前線からのプレス、前線で起点を作るためのポストプレー。

身体をはってチームのためにプレーする姿には感動しかありません。

そして決勝ゴール。

後半15分くらいまでは前半と同じように良いペース。

でも3人のメンバーチェンジを行ってからはなかなか攻撃に出ていけなくなります。

攻撃に出るより守りきることにシフトした交代。

ショウゴ(谷口彰悟)を入れる前から相手のペースで押し込まれる時間でした。そこである意味で、割り切りというか、今日はどこかで足が止まってくると予想していました。ケント(橘田健人)が広範囲にカバーしていましたが、そこが効かなくなると厳しくなる。ショウゴをプラスしてサポートする形にしました。最後の場面でいうと、全員が守備に回るときは回る。ユウ(小林悠)もストライカーでありながら分かってくれてやっていました。それぞれが良いプレーをしてくれたと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメント

運動量が落ちてくると前からのディフェンスが機能しなくなります。

そのことを見越して「ここからは守るよ」という鬼木監督からのメッセージ。

1点をリードした状態で、選手の状況を把握して、勝つ確率を上げるための決断。

鬼木監督の勝つことへの執念がチームにも浸透しています。

かぶの日

30分耐えきるのは大変なことですが、今シーズン耐える試合を数多く経験していることはアドバンテージです。

守るといっても単純にディフェンダーの数を増やせばいいわけではありません。

大きくクリアして危険を回避するだけでもジリ貧です。

重要なのはマイボールになった時の時間の使い方をチームとして意思統一できているかです。

ボールを持った時に時間を作ることでディフェンス陣は少し休めます。

さらに相手の攻撃の時間を減らすこともできる。

これができるチームは簡単には負けません。

今シーズン川崎フロンターレが負けない理由は、耐える経験をとおして成長したことにあります。

耐えきれなかった試合もありましたが、それを糧にして成長したことが実を結んでます。

そして最後は気持ちですね。

最後の、足が一歩出るかどうか、そこの瀬戸際でみんなが戦っていた。90分通してみんなやっていた。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 車屋紳太郎

このコメントのとおり最後の一歩が出ていました。

気持ちのこもった戦いは心を揺さぶられます。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第31節 vs.FC東京 | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第31節 MVPランキング

1位 レアンドロ・ダミアン

ディフェンス、ポストプレーと身体をはった献身的なプレーだけでなく、ゴールまで決めてくれる。

今日はたくさんのサポーターが来てくれて、自分たちにとって大切なゲームだった中で勝つことができた。本当に一番必要としているのがサポーターの力。それを感じることができた。今日は勝つことができて、恩返しすることができたんじゃないかなと思う。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアン

恩返ししたいのはこちらです。

川崎フロンターレに来てくれて本当にありがとう。

2位 ジェジエウ

ソンリョンがかわされた後もジェジエウのカバーで失点を防ぐ。

まさに最後の一歩を体現したカバーリング。

この試合もヘディングのクリアでスタジアムをわかせてくれた。

3位 車屋紳太郎、山根視来、登里亨平

ディエゴ・オリベイラ、アダイウトン、永井、田川と難敵を相手にディフェンスで身体をはる。

最後のところで身体を寄せて自由を与えないディフェンス。

ギリギリのタイミングでのシュートブロック。

無失点で試合を終えた貢献度は高い。

かぶら蒸し

まとめ

夏場から続く連戦も多摩川クラシコでひと区切り。

最後を5連勝で締めくくることができ、最高の休息をむかえられそうですね。

次の試合はかなり先なので、まずはゆっくり休んでほしいです。

そして再開後はリーグタイトルにむけて突っ走るのみ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント