J1リーグ第32節 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 帰ってきたキャプテン谷口彰悟

スポンサーリンク
県立カシマサッカースタジアム

J1リーグタイトルを近づける山村和也の一撃

前回徳島戦を良い内容で勝利してむかえる難敵鹿島アントラーズ。

結果は2-1で勝利。

前半からペースをにぎれない中、最後の最後で逆転勝利。

等々力で行われた鹿島戦と同じく劇的なラストでした。

鹿島アントラーズ戦、ようやく帰ってきましたねキャプテンが。

谷口の名前がスタメンにあった瞬間、、、

にゃんのすけ
にゃんのすけ

来たぁぁぁぁ!!

帰ってきてくれてありがとう!

ってなった川崎サポーターは数知れず。

個人的にはほぼぶっつけ本番のような形で、正直不安もあった。ただ、監督が信じて試合に出してくれたので、その期待に応えたかったし、チームを助けたかった。そこまでチームを助けるようなプレーはできなかったが、最後まで諦めずに戦う姿勢を見せることはできたかなと。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 谷口彰悟のコメントより抜粋

確かにパスがずれるシーンはありましたが、谷口がディフェンスラインにいることが重要なんですよね。

その存在感は味方にとっても、敵にとっても大きいです。

ケガで離脱していた選手たちが戻ってくるとシーズン終盤に向けて士気も上がりますね。

前半は川崎フロンターレ、鹿島アントラーズどちらもペースをにぎりたいけど、どちらもペースをにぎらせないようなハードモードな内容でした。

アウェイの鹿島戦はスタジアムの芝をパスを回しにくい芝に調整してくるので、川崎フロンターレとしては環境の面でもペースをにぎりずらい状況でした。

いつもはボールにからみつくような芝に調整してくるのですが、今回は田んぼみたいになってましたね。。。

スタジアムも含めて鹿島アントラーズということで織り込み済みではありますが。

前半は両チームともに強度が高かったので、なかなかシュートにたどりつけませんでした。

期待のマルシーニョもうまく封じこめられてましたね。

鹿島のディフェンスが良かったこともありますが、ボールが足についてないように見えました。

もう少し日本での試合経験を積んで、Jリーグに慣れる必要がありそうです。

鹿島神宮

後半は徐々に鹿島アントラーズのペースへ。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

先制されたら厳しくなりそうだなぁ

というタイミングで鹿島が先制。

でもこういうお互い一歩もゆずらない拮抗した試合は、ひとつのゴールで劇的に流れがうまれるもの。

追いかける川崎フロンターレは3枚がえで勝負に出ます。

が、イマイチ流れを引き寄せられず。。。

流れを川崎フロンターレに引き寄せたのは山村でした。

セットプレー中に交代で入って、ファーストタッチでゴール。

決めた山村もすごいし、交代させた鬼木監督もすごい。

同点に追いついてからは川崎フロンターレのペース。

長い時間耐えていたからこそ道がひらけました。

鹿島アントラーズは追いつかれたことで運動量を支えていたメンタルが落ちた感じですかね。

ディフェンスの寄せが甘くなりました。

寄せが甘くなったところでトドメをさしたのは宮城天のスーパーゴール。

終了間際の逆転勝利はJ1リーグタイトルに向けて勢いがつきそうですね。

しかも敵地鹿島での勝利。

この勢いのまま最後まで駆け抜けましょう!

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第32節 vs.鹿島アントラーズ | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第32節 MVPランキング

1位 山村和也

交代後すぐのセットプレーでヘディングのゴール。

流れをつかめずにいたチームに逆転に向かう流れを引き寄せた。

リーグタイトルを近づける大きな1点。

2位 宮城天

終了間際の劇的逆転ゴール。

スピードのあるブレ球シュートでキーパーは全くさわれず。

マルシーニョの存在に刺激され、結果へのこだわりをみせた。

3位 旗手怜央

最近まったく休みのないノボリのバックアップができるのは大きい。

最後まで落ちない運動量は復帰後も健在。

徳島戦と比べるとコンディションも上がってきていて、ここからが楽しみ。

カシマスタジアムといえばもつ煮

まとめ

試合終了間際のゴールで逆転勝利。

こういう勝ち方は熱くなります。

徳島戦、鹿島戦と良い試合が続いているので、この勢いなまま連勝をのばしたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント