J1リーグ第35節 サガン鳥栖vs川崎フロンターレ 劣勢の中で輝くマルシーニョのドリブル

スポンサーリンク
駅前不動産スタジアム

ジェジエウのユニホームを天皇杯とともに掲げよう

前節浦和レッズ戦でJ1優勝を決めた後のアウェイ、サガン鳥栖戦。

結果は1-3で敗北。。

今シーズン2敗目。

圧倒的な成績で優勝した後に取りこぼす。

そういう人間味あふれるところも川崎フロンターレの魅力ですかね。

入場時には「ガードオブオナー」で迎えられました。

「ガードオブオナー」とは・・・

優勝したチームをたたえ、花道をつくりむかえ入れる儀式のこと。

選手同士たたえあう素晴らしい行為。

2020年の清水エスパルスに続き、サガン鳥栖のみなさんありがとうございます。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

昨年も感動したけど、今年も感動しました。

ありがとうございます。

お互いをリスペクトしてたたえあえる文化って良いですね。

試合前に丁重なおもてなしを受けたわけですが、試合でもかなりのおもてなしをいただきました。。

前半の入りのところで、ふわっとしていたところがある。もっと集中して試合に入らないといけない。それはみんな感じていたと思うが、どっかでそういう緩みがあったのかもしれない。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 車屋紳太郎のコメントより抜粋

このコメントに尽きますね。

J1リーグ優勝を目指して1年間ずっと戦ってきて前節優勝が決まった。

使命を果たした安堵感みたいなものはあって当たり前。

「気を引き締めて・・・」と思っていても、どこかで気は緩みますよね。

選手だって人間です。

試合は序盤からサガン鳥栖ペース。

川崎さんは難しいゲームになると思っていました。付け入る隙はあると思っていましたし、思うようになって良かった

試合終了後監督コメント サガン鳥栖 金監督のコメントより抜粋

サガン鳥栖の金監督のコメントを読むと、川崎フロンターレの心の隙を狙っていたようです。

一瞬の隙を見逃さずに勝負してくる金監督の戦略、策士ですね。

川崎に勝つとしたら、高い位置からプレッシャーをかけて入れ切るしかないと僕は思っています。後半を見ればわかるように、引いて守れる相手ではないので。前半から行ってリードしようというプランもありました。

試合終了後監督コメント サガン鳥栖 金監督のコメントより抜粋

川崎フロンターレに勝つための戦術も戦略にマッチしています。

まだ相手が目覚めないうちに奇襲してゴールをおとしいれる。

そしてペースを握って追加点。

完璧なシナリオですね。

後半開始から脇坂OUTでノボリIN。

ノボリを高めに配置して、山根、山村、車屋の3バックという見たことがない形でスタート。

前半に車屋、山村のセンターバック2人がサガン鳥栖のフォワード2人のプレスにやられて、パスが出せなくなってました。

なので3バックにしてフォワード2人のプレスを外すことが狙いでしょうか。

  • ディフェンスラインでのパス回しを改善
  • 3ゴール決められて目が覚めた

後半になってようやく反撃開始です。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

まだまだ全然追いつけるぞ!

55分にはダミアンと家長を投入して勝負をかける。

ダミアンが入ることで前線に起点ができるし、家長が入ることでボールがおさまる。

いつもどおり相手陣内に押しこんでゴールにせまりますが、ゴールが遠かった。。

1点を返すのがもう少し早ければ、おもしろい展開になりそうだっただけに残念です。

仕方ない敗戦と思えるのは、優勝を決めているからですかね。

佐賀といえば陶芸

仕方ないとあきらめきれないのがジェジエウのケガです。

あの尋常じゃない痛がりかたを見てしまうと、2年前のケンゴのケガの映像がよみがえります。

まだオフィシャルで発表されていないので詳細はわかりませんが、膝の靭帯の故障の予感。

復帰までに半年はかかりそうな大ケガに見えました。。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ジェジエウのダイナミックなプレーが見られる日を楽しみに待ってるからね

ジェジエウの無念を晴らすためにも、チームには最後のタイトル天皇杯に向けてまた集中してほしいですね。

そして天皇杯のカップとともに、ジェジエウのユニホームも掲げてほしいです。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第35節 vs.サガン鳥栖 | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第35節 MVPランキング

1位 マルシーニョ

単独突破で相手ゴールにせまるシーンが多かった。

前半停滞していたチームの中で一人輝いてました。

最近はフィジカルでおさえこまれることも多いが、自分の間合いで仕掛けたドリブルは脅威。

2位 家長昭博

家長がいない前半と家長がいる後半で違いは明らか。

唯一無二の存在感。

しかし家長に依存しすぎる状態はチームとして良いとは思えない。

家長不在でも戦えるチーム作りは来季の課題ですね。

3位 レアンドロ・ダミアン

最後の最後でゴールを決める。

得点王レースは離されてしまったが、まだまだ追いつける。

ダミアンには得点王の個人タイトルを手に入れてほしいです。

佐賀といえばイカシュウマイ

まとめ

今シーズンのJ1王者としてアウェイに乗り込んだサガン鳥栖戦は1-3で敗れました。

優勝が決まった直後の試合はどうしても隙ができてしまいますね。

その隙を見逃さなかったサガン鳥栖の戦い方はすばらしかった。

そしてジェジエウ。。。

元気に戻ってくる日を待ってます。

しばらく試合がないので来週は映画観賞ですかね。

ONE FOUR KENGO THE MOVIE~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~ 詳細決定のお知らせ | KAWASAKI FRONTALE

にゃんのすけ
にゃんのすけ

涙なしで映画館から出られる気がしない。。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント