J1リーグ第37節 川崎フロンターレvsガンバ大阪 得点王へ猛追、レアンドロ・ダミアン

スポンサーリンク

山根視来とダミアンで量産したゴール

前節セレッソ大阪戦は久しぶりに複数得点で勝利し、今シーズンのホーム最終戦の相手はガンバ大阪。

結果は4-1で勝利。

得点差ほど圧倒した試合ではないものの、ホーム最終戦をきっちり勝利。

今シーズン、ホーム等々力不敗達成です。

最近は試合間隔がちょうどよいこともあり、序盤からエンジン全開で行ける試合が多いです。

選手のコンディションもメンタルも充実してますね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

過密日程のときは本当にきつかった。。。

シーズン前半にアウェイで戦ったガンバ大阪戦は、コンパクトなディフェンスが印象的でした。

そして、なぜかいつも川崎フロンターレのシュートをことごとくストップするゴールキーパー東口。。

田中碧、三笘がいた頃の川崎フロンターレでも苦戦したイメージが残っています。

そんなガンバ大阪が相手ですが、試合は序盤に動きます。

ピッチ中央は前回対戦同様スペースがないので、両サイドのスペースを使って川崎フロンターレが攻め込む。

左のマルシーニョから右の大外山根。

山根のダイレクトの折り返しをダミアンのヒールショット。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

山根のダイレクトの折り返しで勝負ありでしたね。

あの精度のダイレクトはディフェンダーには想定外。

右の家長から左の大外マルシーニョ。

マルシーニョの折り返しを旗手が押しこむ。

早々に2点が入り楽になりました。

しかしこのあとは少しトーンダウン。

パトリックを使ったパワープレーと前からのプレスにやや苦戦しました。

強い風でハイボールの軌道がつかみきれない影響もありましたね。

パトリックに完全に競り勝つのは難しいので、パスの出どころをおさえられればよかった。

ですが、なかなかうまくはいかないですね。

相手からすると先に2点取られたことで多少割り切ったサッカーをしてきて。長いボールを入れて落として、そこから攻める狙いがあったのかなと。パトリック選手が競ったあとにボールを拾われるシーンが多々あったので、真ん中の選手としてはしっかり回収して自分たちの攻撃につなげる部分が課題。前から来られてもボール引き出す作業をもっとやらなければいけない前半だった。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ 脇坂泰斗のコメントより抜粋

ただ失点シーン以外はやられた場面は少なかった。

どちらのペースとも言いにくい試合ではありましたが、「のらりくらり」と時間が経過。

最終的に2点を追加して突き放しての勝利。

陸前高田ランドといえば大和田さんのカキ。でも今回はスケジュールが合わず出店なし。。残念

この試合の3点目も山根、ダミアンコンビ。

今シーズンは山根のアシストからダミアンのゴールをよくみます。

山根→ダミアンだけではなくて、ノボリ→ダミアンもよくみますね。

サイドをえぐってクロスというより、後方から中央のダミアンに斜めに差し込むパスでゴールにせまるシーンが多い。

あそこ(レアンドロダミアン)を徐々に見れるようになってきました。ミキ(山根視来)もそうですし、ダミアン(レアンドロ ダミアン)自身も、どこで得点を取れるのか。チームでも共有していますが、いつ狙うのかがあってきたのだと思います。そこはミキとダミアンだけではなく、ノボリ(登里享平)もそうです。遠くの選手を見つけられるようになったのはポジティブな要素かなと思います。

試合終了後監督コメント 川崎フロンターレ 鬼木監督のコメントより抜粋 赤字はつけたしました

川崎フロンターレの両サイドバックは、もはやパサーですね。

サイドをオーバーラップしてクロスを上げるだけのサイドバックではないところが、川崎フロンターレの攻撃の多彩さをうみだしています。

数字をみるとあらためてよくわかります。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第37節 vs.ガンバ大阪 | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第37節 MVPランキング

1位 レアンドロ・ダミアン

2試合連続の2ゴール。

ついに得点王に並びました。

最終節はよりゴールを決めたほうが得点王というわかりやすい構図。

直接対決を制して、単独得点王へ。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

来シーズンの残留決めてくれてありがとう!!

来年もよろしくね。

2位 山根視来

自分の2得点はミキ(山根視来)が素晴らしいアシストをしてくれた。ほとんど彼のゴールといってもいいと思う。彼には感謝の気持ちでいっぱい。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアンのコメントより抜粋

ダミアン絶賛の2アシスト。

数字が残せたのは良かったが、チームとしてはビルドアップで安定性を欠いた。もっと自分のところで落ち着かせることができれば良かった。そこはもう一回、1週間あるので、集中してトレーニングしようと思っている。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ  山根視来のコメントより抜粋

山根が見据える場所はまだまだ先にある。

さらなる成長を予感させてくれます。

3位 大島僚太

大島くんへの期待を込めて3位。

ケガからの復帰以降なかなか調子が戻ってこない。

早く大島くんらしいプレーを見たいと思う反面、あせっても仕方がないと思うところもある。

でも一瞬で相手を外して決定機を作り出すあのプレーはやはり見たい。

まとめ

守備が固いイメージのガンバ大阪ですが、結果は4-1で勝利。

ホーム等々力最終戦(天皇杯はまだあります)を勝利で飾り、今シーズン等々力で不敗。

得点差ほど圧倒した試合ではありませんでしたが、きっちり勝ちきれることに価値があります。

さらにレアンドロ・ダミアンが得点王争いでついにトップに並びました。

今シーズンのJ1最終戦の相手はアウェイで2位の横浜F・マリノス。

得点王をかけた最後の勝負ですね。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ゴールを決めたほうが得点王。

ダミアンがんばれ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント