J1リーグ第38節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアン得点王へ

スポンサーリンク
日産スタジアム

川崎フロンターレと横浜F・マリノスは最強の矛×矛対決

今シーズンのリーグ最終戦は神奈川ダービー、リーグ2位の横浜F・マリノス。

前節ガンバ大阪戦で得点王争いトップに並んだダミアンと前田大然の得点王争い直接対決と見どころ満載。

結果は1-1で引き分け。

両者一歩も引かない、2021年のJ1リーグを締めくくる最高レベルの試合でした。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

まばたきするのを忘れるくらい試合に集中しすぎて目がつかれた。。

そして得点王争いは・・・

ダミアンも前田大然も1ゴールずつ追加で、結果二人とも得点王でした。

得点王になれたことは嬉しいし、前田大然選手も素晴らしい試合をしていた。彼も得点王に値する選手だと思っている。シンプルに、おめでとうと伝えた。彼も素晴らしいシーズンを過ごしたので、彼も得点王にふさわしいと思っている。彼と一緒に得点王になれたことを嬉しく思う。

試合終了後選手コメント 川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアンのコメントより抜粋
にゃんのすけ
にゃんのすけ

ダミアンのコメントに彼の人間性があふれてる。

おめでとう!ダミアン

前半は完全に横浜F・マリノスのペース。

横浜F・マリノスのプレスの強度が高かったですね。

今シーズン最後にして最高レベルのプレスでした。

とにかくプレスが速いのでパスを受けた後に前を向く時間を与えてくれない。

そしていつの間にかサイドに追い込められてボールを失ってしまう。

いつも川崎フロンターレがやっていることをやられました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

いつもプレスする側だけど、やられる側ってめちゃくちゃ苦しい。。

川崎フロンターレとしてはやられっぱなしで黙っているわけにはいかない。

ダミアン、マルシーニョで横浜F・マリノスのディフェンスラインにプレスにいきます。

ここでやっかいなのが横浜F・マリノスのゴールキーパーです。

ゴールキーパーがパス回しに加わるので、横浜F・マリノスに数的優位がうまれプレスがはまらない。

全体をおしあげてプレスにいきたくても、横浜F・マリノスのフォワードはスピードがあるので、一本のパスで抜け出されるリスクを考えるとディフェンスラインを上げずらい。

前はプレスにいくけど、後ろが上がれない。

結果中盤にスペースができて、横浜F・マリノスにボールを支配される前半でした。

支配はされても失点0でおさえたのは大きかったですね。

どんなに苦しくても簡単には失点しない。

今シーズン川崎フロンターレが一番成長した部分。

どんなにすばらしいハイプレスでも、90分続けるのは不可能です。

後半は必ず穴がうまれます。

日産スタジアムといえば崎陽軒のシウマイ弁当

後半開始からマルシーニョにかえて大島くんを投入。

前半マルシーニョが前から行きすぎる感じがあったので、左に旗手を入れておさえる。

中盤に大島くんを入れてボールの落ち着く場所を作る。

相手によせられても動じない大島くんの存在は大きいです。

後半時間がたつにつれて、ノボリ、大島くん、旗手の左サイドでゲームが作れるように。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

やはりハイプレスは90分続かないよね

60分くらいから横浜F・マリノスのプレスも弱まり、つなぎの部分でもミスが出はじめる。

先制ゴールはつなぎのミスからのショートカウンター。

拾ったボールを山村がダイレクトで家長へ。

フリーの家長から中央のダミアンへフワッとしたクロス。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

ダミアンの大好物、フワッとしたクロス

ダミアンが叩きつけるヘディングでゴール。1-0。

しかし、横浜F・マリノスもリスタートのスキをついて前田大然がゴール。

単独得点王の行方がまったくわからない。

ここから先は緻密なパスワークで崩すというよりは、意地と意地がぶつかり合うオープンな展開。

選手交代も含めて両者とも最後までゴールを取りにいく姿勢は、攻撃的なチームならではですね。

「点を取ってナンボ」のサッカーは見ていて本当に楽しい。

その後決定機は両者にありましたが、ゴールはうまれず1-1の引き分け。

来シーズンのぶつかり合いが楽しみになる最終節でした。

試合詳細

ゲーム記録・速報 – 2021/J1リーグ 第38節 vs.横浜F・マリノス | KAWASAKI FRONTALE

J1リーグ第38節 MVPランキング

1位 レアンドロ・ダミアン

得点王の個人タイトル獲得おめでとう。

今シーズンチームを引っ張ってくれたことに感謝。

苦しい時にはチェイシングでチームを鼓舞し、

ゴールを奪ってチームに勝利をもたらす。

いつだってチームのためにとコメントしてくれるダミアン、最高すぎます。

番外編 家本政明主審

長い間おつかれさまでした。

この試合が最高にエキサイティングな試合になったのは、家本さんの試合の流れを止めないすばらしいレフェリングがあったから。

本当にありがとうございました。

若かりし頃は試合の流れを止める笛を連発して、選手や監督、サポーターをとにかくイライラさせる悪目立ちするレフェリーとして本当に嫌いでした。(家本さん、すみません。。)

試合前、スタジアムで家本主審のアナウンスがあった時・・・

にゃんのすけ
にゃんのすけ

家本か~。

はぁ~、、、終わった。。。

と思ったこと数知れず。(家本さん、ホントにすみません。。)

試合終了後・・・

にゃんのすけ
にゃんのすけ

家本~、無事に多摩川渡れると思うなよ

と思ったこと数知れず。(家本さん、重ね重ねホントにすみません)

苦々しい思い出がたくさんある家本さんですが、試合終了後選手が作った花道を歩く姿をみて

涙が出ました。

どんな思いで泣けたのか正直自分でもよくわかりません。

たくさんの思い出をくれた感謝の気持ちなのか、

サッカーのおもしろさを引き出してくれるレフェリーに対する敬意なのか、

家本さんがレフェリーをする姿をもう見ることがないさびしさなのか、

多くの人に叩かれながらもがんばってきた人が報われている姿に感動したのか。。。

しかし家本さんの引退セレモニー、本当に感動的な光景でしたね。

あらためてサッカー好きでよかった。

そんな風に思いました。

にゃんのすけ
にゃんのすけ

家本さん、長い間おつかれさまでした。

いろいろな思い出をいただいたことに心より感謝致します。

まとめ

今シーズンのリーグ最終戦、横浜F・マリノスとの神奈川ダービー は1-1で引き分け。

注目の得点王争いはダミアンと前田大然、お互いに1ゴール追加して揃って得点王。

2021シーズンを締めくくる最高レベルの試合でした。

そして最高レベルの試合を最小限の笛で演出した家本主審の引退セレモニー。

しばらく余韻にひたっていたい2021J1リーグのラストでした。

J1リーグは終了しましたが、週末は天皇杯準決勝。

川崎フロンターレの2021シーズンはまだ終わらない。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント